ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、AndroidベースのIoT向けOS「Brillo」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が 5 月 28 日に米国サンフランシスコで行われた Google I/O 2015 カンファレンス基調講演で、IoT(Internet of Things)製品用のOS「Brillo」を発表しました。Brillo は、Nest や Android / Chrome OS チームらで開発された Android ベースの新 OS。インターネットへの接続を Wi-Fi や Bluetooth に依存するスマートロックやその他のスマートデバイス「IoT」製品上で実行することを想定した設計のため、システム要件は必要最小限で、幅広いチップをサポートしています。Googleは、Brillo が Android ベースだとして、IoT 製品メーカーにとってセキュアかつスケーラブルな OS だと説明しています。Google は IoT 製品向けプラットフォームの一つして、「Weave」も発表しました。Weave は、Brillo が Android デバイスやクラウドサービスに接続するために使用される “共通言語” と説明されており、これを利用することで、Brillo 端末と Android 端末や Brillo 端末同士を容易に通信させることができます。Weave には標準化されたコマンドが用意されており、ローンチ時には Google より全て提供されますが、IoT 機器の開発者向けに Weave 認定プログラムが提供されるので、認定をパスすると開発者が作成した独自のコマンドが Google のサポート付きで標準化されます。Android スマートフォン・タブレットでは、アプリを通じて複数の Brillo デバイスを管理できる模様です。Brillo は新 OS のコードネーム名で、2015 年 Q3 中に開発者向けプレビュー版がリリースされる予定です。


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Android MでGoogle Nowランチャーのドロワーを縦スクロール式に変更、検索バーも追加
Google、「Inbox by Gmail」の招待制を廃止、Androidアプリに多数の新機能を追加
Google、Google Nowに文脈に応じて質問や次に行う操作を提案する「Now On Tap」を追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP