ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

感情をコントロールできる人が、絶対にしない15のコト「感情はコントロールできる!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イライラや怒り、緊張と言った感情は、人間なら誰でも持っているもの。感情から逃れることはできないが、上手く処理して付き合っていくことは可能です。
Elite Daily」でライターのPaul Hudson氏は感情をコントロールできれば、精神的な強さを身につけることができると紹介しています。日常の中でストレスが多いビジネスマンは、特に必見の内容です。

私たちは日々、何かしらの感情で動いています。心とカラダは密接に結びついていて、何かをやりたいとか、またはやりたくないといった感情を元に動いています。
感情は私たちをあらゆる方向へ導いてくれる、コンパスのようなもの。そして時に間違った方向にさえも導いてしまいます。

 

 

01.
何かにつけて
人の注目を集めたがる

感情をコントロールできる人たちは「まわりに注目して欲しい」と望みません。他人からの注目を必要とする人は、そうすることでしか自分の価値を確認できないのです。彼らはそんなことに左右されない、確固たる自信を持っています。

02.
他人の足を引っ張る人と
一緒にいる

悲しいことですが、世界には憎しみや嫉妬などの感情が渦を巻いています。そして、近くにいる人ほど私たちの足を引っ張ろうとします…。感情をうまくコントロールできる人は、人の足を引っ張ろうとしないし、足を引っ張ろうとする人から離れます。
憎しみや嫉妬は、まわりめぐって自分にも帰ってくることを知っているのでむしろ応援します。

03.
過去のことを根に持つ

他人を恨んだり妬んだりすることは、百害あって一利なし。誰かが謝ってくれたなら、相手を許しましょう。例え謝られなかったとしても、恨みなどの感情を持ち続けるとエネルギーを消耗してしまいます。

04.
他人に自分の人生について
口出しさせること

彼らは物事を誰かに強制されるのではなく、「自分がやりたい」からやっているのです。自分の船のオールは自分で漕ぎ、決して誰かに任せたりはしません。

05.
自分で自分のことを
否定する

彼らは自分を愛し、十分に理解しています。自分を誇りに思っているし誇りに思うことを恐れたりしません。

06.
相手に不要なプレッシャーを
かけること

相手の気持ちを無視して何かを強要することは相手を傷つけます。彼らは決して誰かに不要なプレッシャーを与えたり、威圧したりしません。それは、自信のなさへの裏返しなのです。

07.
八方美人で
誰でもすぐに信用する

オープンマインドでいることはよい人間関係を構築するために必要ですが、誰にでも心を開きすぎるというのも考えもの。モラルのない人や足を引っ張ろうとする人にまでいい顔をして、時間を使う必要はありません。時間は有限なのです。

08.
人を愛することを怖がる

もしあなたが人を愛することを恐れているなら、それは自分に自信がないから。自分には長く続く関係性を築けないと心の中で思っているから。傷つくことを恐れていては、本当の幸せはやってきません。例え上手くいかなかったとしても、決してあなたのせいではないのです。

09.
一歩踏み出すことに
躊躇する

彼らはベッドの中で、明日を恐れてじっとうずくまったりはしません。1日のうちで一番大切なことは、朝起きて「今日も生きている!」と実感できることのなのです。

10.
なにごとにも慌てて
忙しくする

いつも余裕がなくせわしなく動いている人はいませんか?自分の感情をうまくコントロールできる人は時間を自分のペースで管理します。忙しい時だからこそ、あえてゆったりと過ごすことで見えてくることもあるのです。

11.
やりたくない仕事を続ける

やりたくないことは、やるべきではありません。自分たちが何を好きなのか、どういうことに喜びを感じるのかを常に考えています。また同時に、何かをしているときは目の前のことを精一杯愛します。それが次にやりたいことに近づけてくれるのです。

12.
「NO」ということを恐れて
イエスマンになる

いつも「YES」とばかり言っている人は、まわりの人から軽くみられがち。自分の意思がない人とみなされるので、意見を求められることも少なくなっていきます。「NO」と主張することで、まわりの人に「私は誰かにコントロールされる人間ではない」とアピールすることができ、不要な仕事もまわってこなくなります。

13.
まわりを気にせず
自分のことしか考えない

「忙しくて…」とか「お金がないから…」といって、助けて欲しい人に手を差し出さない理由にしていませんか?彼らは恵まれない人の人生もまるで自分のことのように考えます。情けは人の為ならず、自分に戻ってくることを知っているのです。

14.
空気を読みすぎる

精神的に強くなるということはつまり、自立できるようになるということ。必要以上にまわりに合わせようとせずに自分の考えを持ちましょう。空気を読みすぎるのは「私は自分に自信がない」と言っているようなものです。

15.
感情のコントロールは
不可能だと思う

私たちの、頭と心とカラダは密接に結びついています。何か新しいことを経験したら、頭と心とカラダを通して自分の感情に現れます。つまり、実際に起きたことはあなたというフィルターを通して感情に現れるのです。
世界で起きたあらゆることの良し悪しは、すべてあなたのフィルター次第。これさえ理解すれば、私たちは感情をコントロールできるし、ひいては人生をもコントロールすることができるのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

3年後、後悔しないために今すぐ心がけるべき15のコト
「リスクを取らない人生に価値はない」。デンゼル・ワシントンが卒業式で語った、勇気ある人生の大切さ
月曜日を気持ちよく迎えるために、週末にやるべき「11のコト」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP