ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleも認めた新発明!“アロマで起こす目覚まし時計”が話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界を変える発明品になるかもしれないと、2014年の「グーグル・サイエンス・フェア」で話題になった「SensorWake(センサーウェイク)」は、若干18歳の起業家、Guillaume Rolland(ギオーム・オーランド)氏が手掛けた画期的な目覚まし時計。

目覚ましのアラームが鳴る代わりにアロマが放出され、目覚めを誘導するという画期的なシステムが採用されている。

寝ている人はおよそ2分程度で、香りに反応して目を覚ますらしい。

香りのフレーバーは朝食に欠かせない“コーヒー”や“焼きたてクロワッサン”のほか、“桃”“海”“ペパーミント”などから、その日の気分によってカートリッジの付け替えが可能。

また “お金”や“刈りたての芝生”といった変わりダネも気になる!

「センサーウェイク」は現在商品化を目指して、Kickstarterにて出資者を募集中(7月1日締め切り)で、いまなら80ユーロ(日本円で約9900円)の出資で、販売予定価格より28ユーロ(約3400円)も安く1台手に入れることができるといった特典も。

これがあれば、けたたましいアラームで目覚める日々とはもうさよなら。

好きな香りとともに、幸せな気分で1日が始められるかも!?

Kickstarter(SensorWake)
https://www.kickstarter.com/projects/222459303/sensorwake-wake-up-happy-with-the-smell-based-alar

Kickstarter(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP