ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

栗山千明 主演映画のロケで地産地消を体験し食の意識変化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 漆黒のロングヘア、顔の3分の1くらいありそうな大きな目。日本の映画やドラマのみならず、ハリウッド映画『キル・ビルVol.1』で世界デビューも果たした女優・栗山千明(30才)。6年ぶりの主演映画『種まく旅人 くにうみの郷』で、アメリカ帰りの農水省のエリート官僚役に挑んだ。淡路島を舞台に、第一次産業に従事する島民との交流を通じて人間として大きく成長していく――。大好評シリーズ企画「転機」今回は、人生の大きな転機を迎えたヒロインを演じた栗山に直撃した。

――映画『種まく旅人 くにうみの郷』は、日本の第一次産業を知るため地域調査官として渋々淡路島へ赴いた女性調査官が、仲違いする兄弟(桐谷健太、三浦貴大)らとの出会いを通じて成長していく物語。この映画の話がきたときはどう思われましたか?

栗山:映画の主演が久しぶりでしたので、お話をいただいたこと自体がとても嬉しかったです。ただ、舞台の淡路島には行ったことがなかったので、どんなところだろうという興味も大きかったですね。農林省から派遣された地域調査官という役なので島のたまねぎ農家や海苔業者で研修をさせてもらったわけですが、私自身農業も漁業もかかわる機会がなかったので、正直なところ、撮影は大変なのかなと覚悟して挑みました。ところが、これが思った以上に楽しかったんです!

 ――栗山さんの奮闘ぶりは見応えがありました。

栗山:最初は、ひとりの人間として神野恵子をどうまとめていけばいいかなと考えました。私は彼女の一つひとつすべてを汲み取っていった中で、「恵子はちょっと不思議ちゃんなんだ」と自分の中で落ち着けました。冒頭に出てくる神野は米国から戻ってきたばかりのエリート官僚で、「そんな私がなんで淡路島なの?」みたいな気持ちなんです。でも、彼女の根っこはそんな不思議ちゃんなので、住人とのかかわりの中で幼い頃のおじいちゃんの畑のことを思い出したり、昔の自分を取り戻したりしていく。そこにつなげていったら無理がないかな、と思いながら演じていきました。

 ――映画の中でも言っていましたが、神野恵子という役は何を食べてもかなりおいしそうに見えました。栗山さん自身と重なるところはありましたか?

栗山:そうなんです。神野恵子という女性が驚くところでは私も驚きましたし、リンクするところがたくさん持てたんです。まるでドキュメンタリーを撮っているかのような気分でした。役を演じているんですが、無理なく私自身が旅に行った感覚で撮影することができました。  

――撮影期間はどのくらいだったんですか?

栗山:3週間です。ずっと淡路島で撮影していました。地方ロケへ行った時の楽しみといえば「食」じゃないですか。映画のシーンにもあるんですが、淡路島は本当に食べ物がおいしいんですよ。海の幸も、畑で採れるような野菜も。ロケ弁もこれほどおいしいものは「初めて」と言っても過言ではないほどでした。

――でも、栗山さんはいろんな地方に撮影に行っていますよね?

栗山:そうなんですが、地方の撮影でもふつうは東京で食べているのと同じようなお弁当なんです。今回の映画でお世話になったお弁当屋さんは淡路島でとれた食材を淡路島で調理してくださるお店でした。地産地消のロケ弁というのは意外とないんですよ。お魚があって煮物などのお野菜があって。素材がいいから充分おいしい。撮影の合間にもかかわらず、現地のおいしいものが食べられて幸せでした。

――この映画に出演して何か影響されたことや心境の変化はありましたか?

栗山:今回、海苔づくりやたまねぎ作りなどを知ったことによって、食の意識が変わりました。これまでスーパーに行ってもあまり産地を気にすることもなく、安いものを買って食べていましたけど、「もったいないことしてきちゃったな」という新たな気づきがありました。野菜にしても産地によって甘みが違うとか特性がある。それを知って食べるほうが楽しみが広がります。料理をするときにしてもそうだと思うんです。まぁ、私がつくる料理といえば、つまみ系になりますが(笑い)。

――桐谷健太さん演じる岳志がつくるたまねぎは本当においしそうでしたね。実際召し上がっていかがでしたか?

栗山:たまねぎじゃないみたい!と言ったらおかしいんですが、たまねぎってツーンときたり、食べ過ぎると胃にもたれたりってあると思うんです。私はもともとたまねぎが大好きなんですが、淡路島のたまねぎはそのツーンとした感じもないし胃にもたれる感じもない。なにより味がおいしくてたまねぎの甘みがある。こんなたまねぎがあるんだ、と初めて知りました。

――神野の食べっぷりはなかなかのものでしたが、栗山さん自身も役に出ていましたか?  

栗山:はい、食べっぷりにはかなり自分が出ています。リハーサルのときに、食べたり、何かを初めて見たりするシーンに若干自分が出たんです。そうしたら、篠原哲雄監督が本番でもそうやってくださいと言ってくださった。神野恵子という役に栗山千明が出てしまっているくらい、ナチュラルなリアクションを大事にしてくださり、でき上がった作品です。神野は食べるのが好きだし、おいしそうに食べるイメージはあったので、それを意識しつつも自分自身も出てしまってますね。なかなか共感しながら役を演じることってあるようでないんです。今回は自分に嘘をついていないで芝居をしているという感じがありました。

――演じる役が決まったら、ふだんはどのように役にアプローチしていくのですか?

栗山:「この女性だったら(どうるすんだろう)」ということを毎回考えて臨んでいます。栗山千明は違うけど、この女性だったらこうするだろうって。例えば、今放送中の連続ドラマ『アルジャーノンに花束を』(TBS系)では、私は演じる望月遥香という女性をまったく理解できないんですよ。「この子はなんでこんなことを言っちゃうんだろう?」というような台詞が出てくるんです。栗山千明とは全然違う。私にはこんな発想はないわと思います。でも自分にはない所を自分なりに考えて表現していくのがお芝居だと思うので、役に共感できないことが悪いわけではないと思います。

 ただ、この映画に関しては、演じるキャラクターと私自身に無理がありませんでした。今までなかった経験です。

――演じるにあたって篠原監督からのアドバイスなどはありましたか?

栗山:多くのことをおっしゃる監督ではありません。知識として必要な、たとえば映画で鍵となる「かいぼり」(農業用水のための池の水を農閑期の冬場に抜き、堆積したヘドロや土砂を取り除く作業)の説明は細かくしてくださったんですが、役柄上で細かな指導はありませんでした。ある程度自由にさせて頂いたと思います。私は淡路島へ行くのは初めてでしたが、キャラクターも初めてでした。今振り返ると、監督はそんな私の気持ちを大切にしてくださったんじゃないかと思っています。もしかして、このような作品ではなかったら指示があったかもしれませんが。

――ヒロインにとっての転機はどこだったと思いますか?

栗山:どうなんでしょうね。淡路島で農業と漁業の現実を見つめて、自分の無知さにショックを受けたんじゃないでしょうか。彼女には子供のころ、おじいさんの畑で過ごした楽しい思い出や亡くなってすぐに畑が売り飛ばされた悲しみがありました。ところが成長するにつれ、おじいさんの畑や農林水産省を目指した理由など根本的なことを忘れてエリートとして生きてきた。そんな彼女が淡路島に来たら知らないことだらけ。私は何をしていたんだと。きれいな海では魚も住まないことも知らなかった。そういう一つひとつのショックがあって、変わっていったのかなと思いますね。

【栗山千明】
1984年10月10日生まれ。モデルを経て1999年に『死国』で本格的に女優デビュー。2000年『バトル・ロワイアル』、2003年『キル・ビルVol.1』と話題作に出演。2004年『下弦の月〜ラスト・クォーター』で初主演。2007年は映画『エクステ』、連続ドラマ『ハゲタカ』、『特急田中3号』に出演。2010年OVA作品『機動戦士ガンダムUC』の主題歌である『流星のナミダ』で歌手デビュー。2011年主演ドラマ『秘密諜報員エリカ』、『塚原ト伝』、NHK連続テレビ小説『カーネション』の3本が同時期に放映。2012年ドラマ『ATARU』、2013年映画『劇場版SPEC』シリーズ、『図書館戦争』、今年10月には『図書館戦争 THE LAST MISSION』が公開予定。多方面で活躍中。

【映画『種まく旅人 くにうみの郷』】
淡路島を舞台に、人と自然の再生を描いた感動作。アメリカ帰りの農水省官僚の神野恵子は、日本の第一次産業の現状を調べるために淡路島へ向かう。たまねぎ農家の豊原岳志と、海苔の養殖を行う豊島渉の兄弟をはじめ、島の人々と交流するうちに、次第に恵子に変化が…。
監督:篠原哲雄 出演:栗山千明、桐谷健太、三浦貴大、豊原功補ほか。5月30日から全国公開

撮影■浅野剛 メイク■HIROTAKA(LYDIA PRO)  スタイリスト■ume  


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
活断層の定義変化 国は40万年前以降に引き上げる方針も検討
関西地方に大地震の可能性 死者最悪で4万2000人との予測
5月以降5回の震度5を全的中 東大名誉教授の地震予測最新分析

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。