ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『iPhone』との差が縮まる? 『Androidアプリ利用に関する実態調査』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Android携帯アプリ利用に関する実態調査


Android端末の本格的な普及が進んでいますが、Androidアプリの利用状況はどうなっているのでしょうか? メディアインタラクティブが運営するアンケートサイト『アイリサーチ』では、2011年1月25日~28日までの期間、全国のAndroid携帯利用者500名を対象に『Android携帯アプリ利用に関する実態調査』を実施しました。

Android携帯アプリ利用に関する実態調査

調査対象者のうち、Android端末用アプリのダウンロード経験者は約6割。ダウンロードしたアプリ数は「1~9個(43.2%)」「10~19個(30.8%)」「20~39個(14.9%)」「40~59個」「60個以上」がそれぞれ5.5%となりました。ダウンロードしているアプリの種類は、「ニュース・ブラウザなどの情報系アプリ(72.1%)」「ゲーム系アプリ(59.7%)」の他は、大きな差はみられませんでした。

ダウンロードしたなかでお勧めのアプリ(上位3位まで)を質問したところ、1位はシステム手帳アプリ『ジョルテ』で、理由は「スケジュール管理がしやすい」、2位は『skype』で「無料通話できる」ことが利用に上げられました。このほか、天気予報サイト『ウェザーニュース』や、乗り換え・時刻表サービス『乗り換え案内』などが上位にランクインしています。

Android携帯アプリ利用に関する実態調査

今後、充実してほしいアプリとしては、1位にセキュリティなどのツール系アプリが挙げられているほか、ビジネス用、料理系、学習系、健康系アプリの充実が望まれています。また、「欲しいアプリであればいくらまでなら購入するか」を質問したところ、半数以上が「400円未満」と回答。一方で、「今後、有料でアプリを利用したいと思わない」と回答した人も11.0%(男女別では女性が7.3%、男性が13.5%)に上りました。

調査対象者のなかで『iPhone』アプリとAndroidアプリを両方経験している人(全体の48.2%)に、両端末を比較した場合のAndroidアプリの充実度を質問したところ、「充実している(46.3%)」「充実していないと思う(31.5%)」「同じだと思う(22.1%)」との結果に。先行して普及している『iPhone』アプリに、Androidアプリがやや追いついてきている様子もうかがえます。今年一年で、Androidと『iPhone』の差はどのくらい縮まるのか気になるところですね。
 
 

■関連記事
auのAndroidスマートフォン『REGZA Phone IS04』は2月10日に発売 『ONE PIECE』とコラボした専用ケースも
『Skype for Android』が日本でも利用可能に! Android2.1以降を搭載するスマートフォンに対応
ドコモのスマートフォン向けISP『spモード』がWi-Fiによるメール送受信と公衆無線LANサービスに対応へ
“部屋の温度”が高いのは何県? ウェザーニューズが『部屋の温度調査』結果を発表
大学生は『mixi』好きで『Twitter』を敬遠? SNSに関する意識調査

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。