ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

押井守自身が熱望する上映企画「押井守映画祭2015 カルト編」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫


オムニバス映画『真・女立喰師列伝』
アニメーションから実写まで手がける映画監督・押井守さんの作品を集めた、オールナイト上映イベント「押井守映画祭2015 第四夜[カルト編]」が、6月20日(土)に池袋にある映画館・新文芸坐で開催される。

「カルト編」と称した今回の上映では、押井監督が手掛けた映画『立喰師列伝』を始め、オムニバス作品としてつくられた短編映画など、ファンにはたまらない濃いラインナップとなっている。

また、上映前には押井監督の女優論や、演出術についてのトークショーが予定されている。

ゲストには、押井監督自身のほかに、『真・女立喰師列伝』などに出演してきた女優の佐伯日菜子さん、アニメ雑誌『アニメスタイル』の編集長・小黒祐一郎さん、プランナー兼ライターの桑島龍一さんが登壇予定だ。

前回のオールナイト上映を上回る、ディープな押井ワールド

「押井守映画祭2015」は、雑誌『アニメスタイル』と新文芸坐による上映プログラムであり、今回で4回目の開催となる。

これまでは、『機動警察パトレイバー2 the Movie』や、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』などの押井監督の代表的なアニメ映画をはじめ、リアルと仮想世界の錯綜を巧みに描いた実写映画『アヴァロン』など、コアな名作も上映されてきた。

今回の「カルト編」は押井監督自身が熱望し実現。前回の「マニアック編」より、さらに深く押井ワールドを味わえる作品が集められた。

押井守の映画はカルト映画なのか!?

押井監督が小説として発表した後、自身の手によってアニメ映画化した『立喰師列伝』に加え、甲冑映画をコンセプトとしてつくられた『アサルトガールズ』が、今回の特集上映の主軸となる作品だ。

また、無銭飲食のプロを描く「立喰師列伝」シリーズ作として、『女立喰師列伝 ケツネコロッケのお銀 -パレスチナ死闘篇-』、『真・女立喰師列伝/金魚姫 鼈甲飴の有理』、『真・女立喰師列伝/ASSAULT GIRL ケンタッキーの日菜子』など、オムニバス作品としてつくられた短編作品が上映される。

さらに、「アサルトガール」シリーズ続作となる短編『斬〜KILL〜/ASSAULT GIRL 2』が上映されるほか、ガンアクション映画『KILLERS/.50 Woman』など、劇場で見るチャンスが限られたレアな作品が挙がっている。

いずれも、一般的には知名度の低いマイナー作品ながら、「立喰師列伝」シリーズが押井監督のライフワークだった時期があること、そして“甲冑映画”というコンセプトの「アサルトガール」シリーズが公開待機中の新作『GARM WARS The Last Druid』につながる試みであったことを考えると、押井守という映画監督を知る上で、欠かすことのできない重要な作品群である。

「カルト編」の名に相応しく、押井ワールドの真髄が最も凝縮された作品ばかりが集められており、押井監督ファンや映画好きには最高の一夜となるはずだ。

引用元

押井守自身が熱望する上映企画「押井守映画祭2015 カルト編」開催

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP