体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初対面の人に「また会いたい」と思わせるヒント5つ

1505026_wannameetagain profile_satooka

里岡 美津奈/Mitsuna Satooka

人材育成コンサルタント。1986年全日空運輸株式会社(ANA)に入社。25年の在職中、国内線、国際線のチーフパーサーとして乗務。そのうち15年間はVIP特別機搭乗を務め、皇室、各国元首脳の接遇で高い評価を得る。2010年に退職。現在は人材育成コンサルタントとして、一般企業や病院でコミュニケーションスキルアップの指導にあたっている。また個人のクライアント向けに“パーソナルクオリティーコンサルタント”として人材育成を行っている。米国法人旅行コンサルタント会社“Japan Quest Journys”の取締役としても活躍中。

ANA(全日空)のCA(客室乗務員)を25年間にわたり務めてきた里岡美津奈さん。その間には、天皇皇后両陛下や各国首相・国賓の特別機をアテンドした経験も。
そんな彼女が、心に響いたひと言を紹介しながら、超一流のコミュニケーション力を身につける秘訣をまとめた書籍が『伝説のCAの心に響いた 超一流のさりげないひと言』だ。

今回は、そのなかから初対面の人に「また会いたい」と思わせるポイントを紹介する。
初対面の人が苦手、なかなか次につながらない、と悩んでいる人にこそ読んでほしい。

01.
二番目にいい服を着る

shutterstock_251501863

初対面は、相手がどんな人かを知る場であり、同時に自分がどんな人かを知ってもらう場です。そこで自分が一番格好よく、もしくは一番きれいに見える服を着ていくと、気負いが相手に伝わりたじろがせてしまうことがあります。

ですから、初対面の人と会うときは、自分が二番目に気に入っている装いにしてください。それに合わせて、コミュニケーションのモードも「弱」から入り、自分は話しすぎないように。

自分をよく見せたい気持ちをグッと抑える。それが相手へのおもてなしの心であり、さりげなさを生むのです。

02.
自分を出しすぎない

コミュニケーションで大事なのは、最初の瞬間に「相手によく思われる」ことではなく、「いい関係が築けそうだ」と思ってもらえる信頼感を得ること。

私はよく「第一印象はやり直せない」と言っていますが、最初の印象が急速に失墜したところから巻き返しを図るのは、とてもたいへんです。
だからこそ、最高の自分を見せるのではなく、ちょっと抑えて入る。その分、相手を観察して、この相手とどうやっていくとうまく合うかを考えてください。

最初からアクセル全開、フルスロットルで自分を押し出すのは禁物です。

03.
アプローチは引き算を意識する

satooka

シャネルは、「ファッションの上級者は、引き算が決め手だ」と言いました。
コミュニケーションも同じで、どんどん足して、盛って、やりすぎの方向にいくのではなく、引き算してアプローチすることが大切です。そのためには、本当に大切なのは何か、価値あるものは何かを考えて、余計なところはどこかを見極めなければなりません。

この「引き算のアプローチ」で引いていくものは、大きく分けてふたつ。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会