体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人生を生きる醍醐味は正解を自分で決めること。選択力をつける10のメッセージ

生活・趣味
150305_change-life-vol-8 ジョンキム

ジョン・キム

作家

作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。著書に『媚びない人生』(ダイヤモンド社)、『時間に支配されない人生』(幻冬舎)、『断言しよう、人生は変えられるのだ。』(サンマーク出版)など多数。2013年からは、パリ、バルセロナ、フィレンツェ、ウィーンに拠点を移し、執筆活動中心の生活を送っている。『社会人版キムゼミ』を主宰しながら、元音楽プロデューサー四角大輔氏と今年3月に開設したオンラインサロン『Life is Art』が人気を呼んでいる: life-is-art.jp/

今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「選択力」なのである。

でも、重く考える必要はない。考え方次第で意外と人生はラクに生きられる。

 01.
われわれが選択をするのは、未来が不確実だからだ。だから、選択が求められる。

change life

もし、未来が決まっていてわれわれが進む人生の軌道が決まっている場合には、選択というものはいらない。ところが、人生にはさまざまなオプションがある。どれを選択すれば、自分が目指すこところに辿り着けるのか、複雑でわかりにくいのが、自由な社会というもの。だから、選択するときに不安に陥ってしまうのだ。

02.
不安があるというのは、「未来に可能性がある」という裏返しだと気づいたとき、選択において感じる不安は、自分の中で喜びに変わる。

不安に陥るというのは、つまり自由に選択できるということ。それは可能性があるということの証明である。

03.
あらゆる選択の中で、最悪の状況を想定しておくこと。

どの選択であったとしても、それが最悪に転んだ時、どういう状況が起こるかを想定しておく。そうすると、万が一そうした最悪な状況になったとき自分の中で想定外のショックは生まれない。

04.
大事なことは最善を尽くすこと。そして、最終的な結果については、あまり気にしないこと。

結果は、自分で完全にコントロールすることができない。だから、自分が選択した道で最善を尽くすことを目標にする。結果を目標にはしないようにする。

05.
目標を達成するために、過程を犠牲にしない。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会