体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

部下に好かれるリーダーの、8つのコミュニケーション術

trueleader profile_iwata

岩田 松雄/Matsuo Iwata

株式会社リーダーシップコンサルティング代表。立教大学大学院ビジネスデザイン研究科特任教授、早稲田大学ビジネススクール非常勤講師。1958年生まれ。大阪大学経済学部卒業後、日産自動車株式会社に入社。生産、品質、購買、セールスマンから財務に至るまで幅広く経験し、 UCLAアンダーソンスクールに留学。その後、外資系コンサルティング会社ジェミニ・コンサルティング・ジャパン、日本コカ・コーラ株式会社役員を経て、ゲーム会社の株式会社アトラスの代表取締役社長として、三期連続赤字企業をターンアラウンド。株式会社タカラ常務取締役を経て株式会社イオンフォレスト(ザ・ボディショップ)の代表取締役社長に就任。店舗数を107店舗から175店舗に拡大、売り上げを67億円から約140億円に拡大させる。その後、スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社のCEOとして「100年後も光り輝くブランド」を掲げ、業績を右肩上がりに成長させる。2010年度には過去最高売り上げ1016億円を達成。
それらの実績が認められ、UCLAビジネススクールより全卒業生37,000人から、「100 Inspirational Alumni」(日本人でわずか4名)に選出される。現在、リーダーシップコンサルティングを立ち上げ、次世代のリーダー育成に力を注いでいる。

スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。彼は、リーダーのコミュニケーションに饒舌さは必要ないと言う。

著書『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』には、彼なりのリーダー論が満載。ここではその中から、本当に伝えなければならないことを伝えられるリーダーになるためのコミュニケーションのヒントを紹介しよう。

01.
部下は3日で上司を見極める

trueleader

私の目指すリーダーは、ぐいぐいとみんなを引っ張っていくタイプというより、謙虚で皆から支持される人物です。
私が大切にしてきたのは、積極的なコミュニケーション。例えば部下の話をメモをとりながら聞く。この態度そのものが「あなたの話を一所懸命聞いているよ」という強いメッセージをもっています。
コミュニケーションとは、饒舌に話すということではありません。リーダーとしての普段の仕事ぶりや態度そのものがコミュニケーションになっていることを肝に銘じておきましょう。

02.
部下には「失敗してもいい」と言う

「お前が失敗しても、会社はつぶれない」。日産自動車時代に上司から言われた、忘れられない言葉です。未熟な自分が大きな仕事を命じられたとき、誰でも萎縮してしまうものです。でもこの一言で勇気づけられ、自分の役割を果たすことに没頭することができました。
たった一言で、部下に伸び伸びと仕事をしてもらえる。そんな力がリーダーにはあるのです。
ビジネスとして一番大事なのはどの部分か? 本質はどこにあるのか? そういった仕事の根幹に気づいてもらうためには、リーダーの言葉が大切なのです。

03.
会議では、若い部下から意見を聞く

私の目指すリーダーシップのスタンスは、「一緒にやっていこう」です。「オレについてこい」ではありません。
しかし立場上、部下は上司に意見しにくいものです。例えば会議では、若い順に指名してあげて意見を聞きましょう。先に上司の意見を聞いてしまうと、部下はそれに同調してしまいがちだからです。
積極的に部下の意見を聞くようにすることで、「ついていきたい」と思われるようになります。

04.
生身の言葉だけが人を動かす

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。