体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カカオやコーヒーの名産地!グアテマラへ行ったら持って帰りたいお土産4選

Photo Credit: coconut wireless via Compfight cc

こんにちは。TRiPORTライターの大善です。

チョコレートの原料であるカカオはグアテマラ・メキシコが発祥の地ということをご存知でしょうか? マヤ文明から遡り、メソアメリカ文明の基盤を築いたオルメカ文明時代に初めて利用されたと言われており、現在ではメキシコ・グアテマラはカカオの一大名産地。そして今では世界中でチョコレートを楽しむことができます。

グアテマラと聞くと、国名を知っている人は「コーヒー」のイメージが先行すると思いますが、訪れてみると意外にも名産品がいっぱいあるのです。今回は中米グアテマラに行ったら持ち帰りたいお土産をご紹介します。

貨幣として使われたカカオ

昔、マヤ族はカカオを貨幣として使い、儀式においては神への供えものとして利用していました。そんな伝統的なカカオは今でもこの地の人々から愛されており、日常的にカカオを用いたチョコラテ(ココアのようなもの)がよく飲まれています。日本ではパウダーのココアが主流ですが、グアテマラや他の中米ではカカオとシナモンなどのスパイスや、砂糖合わせて固形状にしたものをミルクやお湯で溶かしたチョコラテが有名です。

グアテマラの人たちは昼ご飯を多めに食べて、夜は軽めにするというのが普通で、暑い日でも夜にはパンやクッキーを熱々のチョコラテに浸してよく食べます。一見高カロリーに思えますがチョコラテは意外と甘さ控えめ。シナモンの芳香さが漂い、一日の疲れを和らげてくれそうな優しい味なのです。チョコラテはポピュラーな飲み物なので、スーパーでも購入することができます。

日本でも有名なグアテマラ産のコーヒー

グアテマラは世界でも有数のコーヒー名産地です。グアテマラ国内の7万5000以上のコーヒー生産者を代表する組織である「グアテマラの民間コーヒー協会Anacafe(アナカフェ)」が設立されるほど大きな産業なのです。火山地帯のグアテマラには多くの山があるため、高地を活かしたコーヒー農園がたくさん。そこは見学することもできるので、興味のある人は行ってみてください。

また首都グアテマラシティ、古都アンティグア、第二の首都ケツァルテナンゴなどにはグアテマラ産のコーヒーを使ったカフェが数えきれないほどあり、店内は焙煎したてのコーヒーの匂いでいっぱいです。

私が語学留学で通っていた学校の先生も、ホームステイ先の家族もみんなコーヒーが好きで、朝ごはんのときにはコーヒーを飲まないと一日が始まった気がしないというほどでした。

手織りで質の高い布製品は最適のお土産

Photo Credit:Daisuke Taniwaki「世界一危険な都市から始まる、カリブ海 〜 マヤ遺跡 〜 原住民の村

グアテマラには今でも22もの言語の異なる先住民族が暮らしており、「ウイピル」と呼ばれる各民族で異なる模様・色使いの民族衣装が日常的に用いられています。この他にもスカートやベルトなどをほとんど手作業で作り、「ウイピル」の生地を使ったポーチやカバンなどがお土産屋さんに並んでいます。

色とりどりの鮮やかなものから自然の素材から染色した色の淡いものまで、グアテマラに古くから伝わる方法で手で織り上げた製品に触れれば、なんだかマヤの人々の顔が浮かんできそうな気がします。

流行りのトルティーヤをグアテマラ風で!

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。