体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビールに隠された「10の健康効果」がすごい!ガン、脳卒中、糖尿病にまで・・・

150528_beer-for-health

ビールは健康にいい飲みものです。というと、これまでのイメージと差があるでしょうか?実は、適量を守ることで想像以上に多くの健康効果があることがわかっています。

ここでは、生活に役立つ情報を紹介するwebサイト「Lifehack」に掲載されたDavid K. William氏の記事を紹介します。もちろん飲み過ぎには要注意。でも、仕事終わりの1杯があなたの健康を支えてくれているのかも…。

85singo_shutterstock_208176142

01.
1日1パイントのビールを飲む人は
心臓病発症率が、31%低い

イタリアの医療財団、Fondazion di Ricerca e Curaが20万人を対象に行った調査によれば、毎日1パイント(およそ470ml)のビールを飲む人々は、心臓病の発症率が31%低いことがわかった。フェノールと呼ばれる抗酸化物質が大きく関係しているようだ。

しかし、注意するべきことも。ビールの消費量が多い人々については、リスクは上昇。やはり適量を守ることが大切だといえる。

02.
アルツハイマー、認知症の発症率が
23%低い

ロヨラ大学のシカゴ・ストリッチ校医学部が行った研究によれば、ビールを日常的に飲む人々は、アルツハイマーや認知症のリスクが23%低いことがわかっている。ビールに含まれているシリコンには、アルツハイマーや認知症の要因とされるアルミニウムが脳に及ぼす影響を低減する効能があるのだとか。

85singo_shutterstock_184911038

03.
2型糖尿病の発症率が25%低く
ダイエットにも効果アリ。

2011年にハーバード大学が38,000人の中年男性を対象に調査を行った結果、毎日1〜2杯のビールを飲む男性の2型糖尿病の発症率が25%低いことがわかった。アルコールには、インシュリンの感受性を高める効果があり、水溶性食物繊維も豊富なため、糖尿病患者のダイエットにも効果があると言われている。

04.
カルシウム分解を遅らせ
尿管結石のリスクを40%減少!

オックスフォード大学が運営するサイト「American Journal of Epidemiology」に発表されている、50歳から69歳までのフィンランド人男性27,000人を対象に行なった調査では、日常的に飲むビールが、尿管結石の発生率を40%も減少させている。

ビールは水分含有量が多く(93%が水分)、排尿によって有毒な物質を体外へと排出し、腎臓機能を正常化させる効果がある。さらに、ホップに含まれる成分が、骨のカルシウム分解スピードを遅らせるため、腎臓内にカルシウムがたまりにくくなり、結石が生まれる可能性が低くなるそうだ。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。