ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初!トイレに行くタイミングを予測するウェアラブル「DFree」がスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

通勤途中や散歩の最中、急にトイレに行きたくなった経験は、誰にでもあることだと思う。またそういうときに限って、用を足す場所がなく、右往左往してしまったりする。

予め出そうなタイミングがわかればいいが、そうはいかない。人間の排泄欲求はいきなり来るもので、予測するなど不可能だからだ。

ところが驚いたことに、その不可能を可能に変えるデバイスが開発されてしまった。それが、世界初となる排泄予知ウェアラブル「DFree(ディーフリー)」である。

・超音波センサーと専用アプリで排泄のタイミングを通知

「DFree」は、下腹部に貼った専用ゲルパッドが、排泄のタイミングを予測し、便意をもよおす前にその時間を知らせるという、画期的な装置だ。

排泄予知は、超音波センサーによって行われる。まず、パッド内に内蔵されたセンサーが体内の動きをモニター・分析して、排尿・排便のタイミングを計測する。その後、連携するスマホアプリに、「現在、○%溜まっています。○分後にトイレの時間がきます」と、通知が来る仕組みだ。

・発送は来年春頃!現在、支援受付中

トイレのタイミングには個人差があるため、スマホアプリが排泄時間を記録しながら、そのタイミングを学習していく。つまり、使えば使うほど、予測時間の精度が上がっていくというわけだ。

将来的には介護現場での実用化を視野に入れ、その正確さを向上させる機械学習機能も搭載する予定だそうだ。

「DFree」は、クラウドファンディングサイト「READY FOR?」にて、2015年7月23日までキャンペーン中。本体購入への出資は、1万8千円から。発送は、2016年4月頃を予定している。

DFree/READY FOR?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP