ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

U2と33年共にしたツアマネが他界、ボノがステージで追悼

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 U2のツアー・マネージャーを長い間務めたデニス・シーハンが5月27日の朝、ウェスト・ハリウッドのホテルで遺体で発見された。米ビルボードが関係者に確認したところ、現在敢行中の【Innocence + Experience】ツアーに彼の痛ましい死による影響はないという。

 U2のツアー・プロモーターを務めるアーサー・フォーゲルはビルボードに対し、「デニスはいつもバンドを時間通りにステージへ送り出した。彼の思い出とともに、我々は今夜も確実にそうするさ。まさしく彼が求めることだからね」と語っている。

 現地時間27日のロサンゼルスのザ・フォーラム公演も、延期も遅延もされることなく行われた。しかし、シーハンの影響が全くなかったわけではなく、アルバム『ソングス・オブ・イノセンス』収録の「アイリス」が彼へ捧げられた。U2のシンガーであるボノはステージ上にて、「彼は33年間にわたりU2のツアー・マネージャーを務めた。そして我々と同じくロサンゼルスを愛し、サンセット・マーキスを“第二の故郷”と呼んでいた」などと述べた。

 なお、シーハンの急死により現在はツアー人事の変更が進められているという。

 1946年生まれのシーハンは、U2の1983年の名作『WAR(闘)』リリース前にバンドと合流し、亡くなるまでずっと働いてきた。U2の前には、レッド・ツェッペリンからパティ・スミスまで様々なアーティストと仕事をしていた。

関連記事リンク(外部サイト)

テイラー・スウィフト&ビヨンセ、“世界で最も影響力のある女性”に
ケイティ・ペリーとジョン・メイヤーがディズニーランド・デート! 復縁か?
ミーク・ミルが噂のニッキー・ミナージュとの婚約を否定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。