ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

熊切あさ美 愛之助と破局否定も2人の別れを示す決定的証言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女優・藤原紀香(43才)との「同棲愛」がキャッチされた歌舞伎役者の片岡愛之助(43才)。愛之助と交際していたタレント・熊切あさ美(34才)の所属事務所は「まだ(愛之助と)付き合っています」と破局を否定したと報じられたが、親しい知人は「もうふたりは別れている」と証言している。

 愛之助が熊切と交際宣言したのは2013年2月のことだった。

 佐藤江梨子(33才)や元タカラジェンヌ・愛原実花(29才)など、美女と次々と噂になってきたモテ男の愛之助。そんな彼が初めて堂々と交際を認めたのが“崖っぷちアイドル”といわれていた熊切だったため、世間は騒然となった。

 当初、愛之助は“結婚”について聞かれ、  「まだ普通におつきあいしているだけですけど、うまくいけばいいですね」と、のろけコメントを連発していた。しかし、ふたりの恋には大きな障害があった…。それは愛之助の養父・片岡秀太郎(73才)の存在である。

「交際が報じられた時、愛之助さんは秀太郎さんとの共演舞台に向けての稽古中だったんですが、愛之助さんの芝居の出来が、いまひとつよくなくて…。秀太郎さんは“浮かれて芝居に身が入らないなら、もう会うのはおやめなさい!”と怒鳴ったそうです。

 大阪の町工場の長男として生まれた愛之助さんは、血筋を大切にする歌舞伎界では、当初不遇の日々を送っていました。そんな彼を自分の後継者として養子縁組して、一人前の歌舞伎役者に育てたのが秀太郎さんなんです。そのため愛之助さんにとって秀太郎さんの言うことは“絶対”なんです」(歌舞伎関係者)

 ふたりは逆風の中にあっても、2013年の夏には歌舞伎座近くの高級マンションで“半同棲”をスタートさせ、ついには“結婚秒読み”という言葉も聞こえてくるほど、順調な交際を続けていたはずだった。

 だが、2014年4月に一度、破局報道が出ると、その後はネガティブな報道が続いた。

「熊切さんは“私は結婚したいのに、彼の後援会の偉い人たちが猛反対していて…。本当に毎日がつらくて…”なんて漏らしていました」(熊切の知人)

 歌舞伎の世界では、後援会の影響力や発言力が大きいため、愛之助も結婚には二の足を踏むようになっていく。

 さらに今年に入ると、愛之助と熊切の距離は、さらに大きくなっていった。

「愛之助さんが多忙で、なかなか会えなかったそうです。たまに会えたときですら、熊切さんは約束のお店に先に行かされて、マスコミがいないかなどをチェックさせられるそうです。

 そして、実際に怪しい車などが店の前に停まっていたら、彼は約束をドタキャンすることもあったみたいですよ」(前出・熊切の知人)

 この5月、愛之助は明治座で『五月花形歌舞伎』に出演。愛之助は『鯉つかみ』という演目で当たり役の主人公を演じていた。

「『鯉つかみ』の主人公は熊切さんと交際宣言直後にも演じていました。そのときの会見では共演者から“出し物は何ですか?”と振られると“『恋つかみ』でございます”なんて話すなど、幸せいっぱいといった様子だったんですが、今回は記者から“恋はつかんだままですか?”と聞かれ、“なんのことやら”と答えるのみで、歯切れが悪かったんです…」(前出・歌舞伎関係者)

 堂々と交際宣言をしていた時とは打って変わったような愛之助の態度。そして本誌はふたりの別れを物語る証言を得た。前出の熊切の知人がこう話す。

「熊切さんは交際宣言以降、彼の本名(寛之)のイニシャル“H”と自分のイニシャル“A”を入れ、それを“ラブリンネイル”と呼んでブログに公開していたんですけど、この5月に会った時には“もうしばらく入れない…”って。そして浮かない表情で“食欲もないし、寝付きも悪いんだ…”と相当落ち込んだ様子でした。ただ“しばらく”って言い方に未練があるのかなぁ〜と感じましたけど…」

 こうして崖っぷちアイドルとの恋にピリオドを打った愛之助に急接近したのが紀香だった。

※女性セブン2015年6月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
片岡愛之助 養父の反対乗り越えて熊切あさ美と半同棲生活
藤原紀香と片岡愛之助 紀香のマンションで「同棲愛」報道
熊切あさ美と交際中の片岡愛之助 「もう会うな」と養父通達

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。