ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

長瀬智也と宮藤官九郎が久々タッグ、神木隆之介が劇中でギター&歌声を披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 宮藤官九郎と長瀬智也が11年ぶりにタッグを組む映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』の公開が決定した。

長瀬智也.jpg

 本作は、若くしてこの世を去った少年が、クラスメイトに告白したい一心で、赤鬼と一緒に地獄からの生還を目指して大奮闘する青春物語。宮藤監督の「高齢化社会だし、自分もいつか死ぬし「死ぬのが怖くなくなる映画」を作りたい」という思いをきっかけに、完全オリジナルストーリーで作られた。

 地獄農業高校の軽音楽部顧問キラーK役は、久々のタッグとなる長瀬智也。宮藤と長瀬は、以前から音楽を題材にした作品をやりたいと話しており、長瀬は「ロックには、怖いイメージがあるけれど本当は笑えるところがある。地獄や鬼という設定はトリッキーでも、実はそこに深いメッセージが隠されている。ロックの素晴らしいところが凝縮された作品にしたい」と意気込みを見せた。

 また、地獄に墜ちる少年・大助役は神木隆之介で、謎めいた二枚目の印象を封印し、地獄で四苦八苦するイマドキの高校生を演じる。劇中ではキラーKが率いる地獄のロックバンド・地獄図(ヘルズ)とともに、神木もギターと歌声を披露。中学・高校時代にギターを時々弾いていたという神木は「今回、本格的に練習しました。プレッシャーを感じますが、頑張ります」とコメントした。本作は、5月中旬に都内でクランクインしており、夏にクランクアップ、年内に完成が予定されている。

◎公開情報『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』
2016年2月全国ロードショー
(C)2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation
配給:東宝=アスミック・エース

関連記事リンク(外部サイト)

映画『脳漿炸裂ガール』、エビ中が歌う予告編が解禁
染谷将太「映画にとっても幸せなこと」 ライブハウスで主演作上映
筋肉少女帯 アニメ『うしおととら』OPテーマ「混ぜるな危険」発売決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP