体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今すぐに、勇気を出して逃げ出すべき「12のコト」。恋愛、仕事、住まい・・・

quit-things-12

辛いことこそ、向き合うことが大切。ですが、世の中のすべてがそうとは限りません。あまりにも大変な時は、思いきってやめてしまうことも大事。
Elite Daily」の女性ライターLauren Martin氏は、人生のなかでこんなことからは「逃げ出したほうがいい」と紹介しています。あなたは勇気をもってやめることができますか?

辛かったら、逃げたっていい

th_shutterstock_272292308

子どもの頃、問題から決して逃げだすなと教えられてきました。どれほど困難なことでも、問題を解決するまでは諦めずに取り組むべき、だと。でもこれって本当に正しいのでしょうか?
いやな仕事があったらやめてもいいのではないでしょうか。不満な環境から抜け出せず惰性のまま進み続ける人は、新しい場所に飛び込めない臆病者の選択です。人生とは、小さな選択の積み重ね。その選択に、逃げるという項目をいれてください。

01.
惰性の恋愛関係

ダメな関係をだらだらと続けていませんか?どんなにカラダの相性がよくても、ワクワクする気持ちがなくなってきたら付き合いを考えてみては?ちゃんと話し合うことができない相手とは別れて、次の相手を探しましょう。

02.
やりたくない仕事

仕事を辞めるということは、恥ずかしいことではありません。自分の好きな仕事を探さずに、やりたくない仕事を続けることの方がよっほど恥ずかしい。やりたい仕事が見つかるまで、動き続けることも大切なのです。

03.
昔からの友だち

友情関係に、決まりごとはありません。昔からずっと友だちでいるからといって、一番に優先しないといけない訳ではありません。同じ相手と一緒にいることで発見がなくなってきたと感じたら、新しい交流関係を広げていくことが大事。

04.
いつも、他人に頼る友だち

th_shutterstock_186726389

誰かに頼ることも大切ですが、時には自分自身で努力しなければなりません。助けを求めてくる友だちに手を貸すことは大切。ですが、あまりにも助けすぎるとその人のためにならないし、自分の時間もなくなっていきます。

05.
そりが合わないルームメイト

シェアハウスに住んでいたり学生寮の中で、ルームメイトと合わない時。相手を気遣うことができないルームメイトと、一緒に暮らし続ける必要はありません。部屋は、あなたの大事な生活空間。迷わず、好きなところに移りましょう。

06.
飽きてしまった住まい

th_shutterstock_199319276

ずっと住んでいる場所に飽きてしまった時。また新しいところでスタートを切りたい時。その場から離れて、自分が好きな場所にいきましょう。同じ場所に居続けることは大切ではないのです。今ある場所が気に入らないなら、すぐに移動しましょう。世界は広いのです。

07.
人に押し付けられた夢

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。