ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

多動性障害の息子とその母、心に傷を負った隣人。3人が選んだ道とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NeoL /5月_Movieニュース原稿②

2009年のデビュー以来、順調に作品を発表し続け、その4作品すべてがカンヌ国際映画祭、ベネチア国際映画祭へ出品。映画界に衝撃を与えている若き才能・グザヴィエ・ドランの最新作『Mommy/マミー』が公開中!

舞台は、2015年の架空のカナダ。気の強いシングルマザー・ダイアンは、多動性障害を患う息子のスティーヴとの波乱の日々に翻弄されていた。ある日、とあるきっかけから、母子は近所に住む女性・カイラと出会う。彼女は心に傷を負い、長期休暇を余儀なくされた教師で、この出会いをきっかけにカイラはスティーヴの家庭教師をすることに。親子との触れ合いを通じてカイラの吃音症も快方に向かい、3人の絆は深まっていく。このまま楽しく平穏な日々が続くかに思われたが――。

登場人物たちの深い愛や葛藤に何度も心が震え、心情に寄り添った画角の演出や音楽とのシンクロもたまらない。“今、世界で最もホットな監督”として注目を浴びるドラン監督作品の魅力を、劇場でぜひ。

Mommy/マミー
監督:グザヴィエ・ドラン
出演:アンヌ・ドルヴァル、スザンヌ・クレマン、アントワン=オリヴィエ・ピロン
(2014年/カナダ)
新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA、
シネ・リーブル梅田、京都シネマほかにて公開中
Photo credit : Shayne Laverdière / © 2014 une filiale de Metafilms inc.
http://mommy-xdolan.jp/index.html

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。