ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

原哲夫「北斗の拳は、てんこ盛りヒーロー」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


5月27日、漫画家の原哲夫が日本テレビ系列で毎週水曜日23時59分から放送されている「ナカイの窓」に出演。北斗の拳の誕生秘話について語った。
「ブルースリーが好きだったので、いつかは中国拳法の漫画を描きたい」とゆう想いから北斗の拳は生まれた。「好きだった人の良い所をとって最高のヒーローを作ろうと思った。」そうだ。
そんなケンシロウのモデルはブルースリー、松田優作、アーノルド・シュワルツェネッガー、シルヴェスター・スタローンと、てんこ盛りで良い要素が入っている。ラオウはルトガー・ハウアーだそうだ。
また、北斗の拳ならではの独特の叫び「ひでぶ」が実は「痛ぇ ブー」から来ていると話すと、ゲスト一同納得の声を上げた。

【Nicheee!編集部のイチオシ】出演してみたいアニメは?
「となりのトトロ」のイメージ画は10年間眠っていた!~スタジオジブリ雑学集~
週刊少年ジャンプ総選挙!一番好きな作品は?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP