ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松谷みよ子氏 亡くなる直前を「モモちゃんのモデル」が述懐

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1964年に刊行された『モモちゃんとアカネちゃん』シリーズは640万部、1967年の刊行絵本『いない いない ばあ』は1967年以来550万部を超える。570あまりの著作が今なお読み継がれている児童文学作家・松谷みよ子さんは、早くに離婚をして子供を1人で育てながら仕事をしたシングルマザーでもあった。「モモちゃん」のモデルでもある長女・瀬川たくみさんから見た松谷さんはどんな母親だったのだろう。在りし日の思い出を語った。

文/井上理津子(ノンフィクションライター)

〈享年89。「母は、かっこよすぎるくらいかっこよく、亡くなりました」。瀬川たくみさんは、晩年の松谷みよ子さんと穏やかな時間を共にした居室で、そう話し始めた。老衰で亡くなったのは、今年2月28日。密葬の後、多くの関係者が集って青山葬儀所で「お別れ会」が営まれたのは、桜が満開の4月4日。生前「こんなふうに死んでみたいわ」と語っていた西行法師の「願はくは 花の下にて春死なん そのきさらぎの望月のころ」という歌どおりの旅立ちだったという。〉

 亡くなる前の数日間、病室でオルゴールやCDをかけていたんです。「白鳥の湖」と「くるみ割り人形」と「愛の夢」、そしてエディット・ピアフ。どれも母が大好きな曲です。耳は最後まで聞こえるんですね。ひっきりなしにかけていると、寝ながら手を動かし始めたんです。「白鳥の湖」が鳴っている時には体まで動かしたので、「ママ、踊ってるの?」って聞くと、「見られちゃった? 恥ずかしい」というふうに、にっと笑ったんですよ。亡くなる4日前でした。

 実はその少し前に、私が担当医に「老衰かもしれません。覚悟しておいてください」と告げられた時、母が急に起き上がろうとしたのです。まるで「死んでたまるか」というように何度も何度も…。最後までそういうところがありました。

〈松谷みよ子さんは骨折のリハビリのために、1年あまり前から主に施設で暮らしていた。体調のいい時は自宅に戻り、たくみさんと穏やかな日常を過ごした松谷さん。本誌が昨年11月にインタビューした際もお元気そうだった。たくみさんはその頃、母子でこんな会話を交わしている。〉

 私が「こんなに元気になったんだから、もう一回現役に復帰しようよ」と言ったら、母は「いやだ。いっぱいいっぱい頑張ったから、もういい」って。

 この8年間、母は毎年のように1回から多い時は3回も入退院を繰り返し、そのたびに不死鳥のように蘇ったんです。そしてそのたびに大好きな歌舞伎座に行くことができた。昨年5月の骨折から、リハビリをして歩けるようにまでなり、今年1月には一緒にシネマ歌舞伎を観に行ったんです。その頃から老衰の症状だったのか、眠り込んでしまうことが多くなりましたが、起きている時は冴えていて、スタッフも含めてたくさん話はできました。

 最後もす~っと息を引き取りましたからね。人生の終焉を自分で納得したのだと思える、とても優しい顔つきでした。だから私は、「ママ、よかったね。パパのところへ行けて」と思えたんです。

※女性セブン2015年6月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
林真理子氏 新作で「ねっとりした大人の小説書きたかった」
【年忘れRQ大放出3】レバ刺し好き美女はウニと白子が苦手
リストラ宣告職場 パート同士争い仕事できない美人だけ残る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP