体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「"南極"が勤務地です!」。南極越冬隊の一員として、昭和基地の通信環境をひとりで守る


第55次南極地域観測隊越冬隊の一員として昭和基地に派遣されたKDDI社員の濱田彬裕。後ろに佇む巨大な船は、海上自衛隊の砕氷船「しらせ」。※以下、南極での写真はすべて本人提供

KDDIの社員は世界のさまざまな場所で活躍しているが、恐らく一番遠い赴任地は、南極の昭和基地だ。昭和基地にインテルサット衛星設備が導入された2005年の第46次南極地域観測隊越冬隊(以下南極越冬隊)から、国立極地研究所に毎年1名の社員を出向し、観測隊員として派遣されている。

人が日常生活をおくる地域とは全く違う環境での経験について、第55次南極越冬隊員として昭和基地に派遣された濱田彬裕に話を聞いた。

一度行ったら、14カ月帰れない

濱田が南極越冬隊への派遣があることを知ったのは、入社後の面談の席だった。その時には南極に興味は持ったが、「自分が行きたい」という気持ちにまでは至らなかった。

運用本部でau携帯電話サービスの基地局保守運用を担当していた濱田が応募を考え始めたきっかけは、入社から3年目に同じ部署に南極越冬隊OBの先輩が配属されたことだった。「南極は寒いけれど、自然は素晴らしいしオーロラも見られる」「業務はKDDIの代表として派遣されるので、何でもひとりでこなさなくてはならず、求められるものは大きい」。そうした話を聞くうちに、「自分がどこまでひとりでやれるのかを試したい」という思いが大きくなったという。

とはいえ、「南極越冬隊」は単なる海外赴任とは違う。まず、日本から昭和基地までは、オーストラリアまで空路で移動した後、海上自衛隊の砕氷船「しらせ」で1カ月半かけて近づけるところまで航行し、さらに基地までヘリで飛ぶことになる。「しらせ」が昭和基地に近づけるのは南極の夏にあたる12月から2月の間だけ。つまり、7月から8月の冬の間の基地を保守するためには、夏の間活動する夏隊と一緒に南極入りし、翌年の夏隊の帰国で南極を離れる、14カ月にわたる滞在が必要となる。往復の3カ月を加えると、ほぼ1年半、日本には何があっても帰れない。「行くとなれば20代の残りをすべて南極で過ごすことになる。迷いがなかったとは言えないけれど、ここを逃したら二度と経験できないチャンスだと思いました」(濱田)。

濱田の参加した第55次越冬隊は2013年11月下旬に日本を出発し、昭和基地に12月末に到着した。「オーストラリアの南の暴風圏を通過する時は、船室に備え付けの椅子が部屋の端から端まで飛ぶぐらいに揺れます。船酔いもひどいですが、1カ月半乗っていれば慣れるもので、逆に到着後は"陸(おか)酔い"に1週間ぐらい悩まされました」(濱田)。

夏の間は人も多くにぎやかな昭和基地だが、2月末に夏隊と前年の越冬隊のメンバーは「しらせ」と共に帰国した。第55次南極越冬隊24名の長い南極生活が始まった。

ネットワーク無しでは機能しない昭和基地

南極越冬隊には大きく分けて2つの業務がある。ひとつは「観測隊」としてさまざまな分野の観測を行う観測事業で、気象、地質、生物学、天文など、さまざまな視点から地球を観測する研究者たちが携わる。「地球の変化を観測して過去から今がどう変化しているかを調べることで、未来にどのように地球が変わっていくのかを予測し、未来の地球環境に備えることを目的とした仕事です」と、濱田はその意義を説明する。

もうひとつの業務が、観測事業をする人が過酷な南極で生きていくために、水や電気や食事などを作ることで支援する「設営部門」だ。KDDIが派遣する南極観測隊員が担当する「LAN・インテルサット」という部門もこちらに該当する。基地内および日本との間のネットワーク全般の運用保守を担当するのが役割だ。

1 2 3 4次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。