体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅に出られないと思っていても「抜け道」はきっとあるはず

生活・趣味
Photo credit: Eika Akasaki「夜行バスで9日間4カ国7都市回ってみた。」

Photo credit: Eika Akasaki「夜行バスで9日間4カ国7都市回ってみた。

TRiPORT編集部です。時間やお金がないとやりたいこともできません。しかし、何事にも「抜け道」はきっとあるはず。旅に出られないと思っていても、考え方次第でどうにかなるのかもしれません。さて、TRiPORTライターはどう抜け道を見つけていくのでしょう…?

■英語が苦手でもこの5つで大丈夫!

今まで30ヶ国近くの旅を経験している赤崎さんは「英語がペラペラなんですね」と言われることも少なくないそう。しかし実は英語が話せないそうです! 実際に海外へ行ってみて気が付いたことは「旅行者が最低限必要な言葉はわずか」だということ。旅先でよく使うフレーズの代表的な5つとは…(続きはコチラ

■多忙な日々に負けない「旅の温存方法」

 Oyama Hikaru「Fiji」

Photo credit: Oyama Hikaru「Fiji

大人こそ「宿題を終わらせてから!」というポジティブな旅の計画を提案してくれたマリアさん。多忙な会社員生活を送っていた頃、「年に一度は海外旅行へ」という気持ちがあったにも関わらず、それが叶えられないまま時間だけがあっという間に過ぎていくことに、焦りともどかしさを感じていそうです。そこで彼女が思いついた「旅の温存方法」って?(続きはコチラ

■「実際に海外へ行く」メリット

2014-09-10_22.02.55
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会