ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

動物のお値段 哺乳類はオスよりメスが高く鳥ではオスが高い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ほとんど公になることのない、動物に関するお金の話。取引される値段を調べると、比較的おとなしくて展示に向くという理由で、哺乳類ではオスよりメスのほうが高いことが一般的だ。だが、鳥は逆になるケースが多いと語るのは、移動動物園「堀井動物園」を運営する堀井嘉智氏だ。

「クジャクのように、オスがきれいな羽を持ちメスが地味ということがあるため、鳥はオスのほうが高い値がつきやすい。ただし雌雄で見た目が違う鳥は多くの場合、ペアで取引されます。たとえばクジャクなら、ペアで約15万円が相場です」

 雌雄の判別が難しいケースもある。彫像のように「動かない鳥」として人気のハシビロコウがその代表だ。判別にはDNA鑑定をする。DNA鑑定料込みで1羽240万~300万円という高値で取り引きされる。

※週刊ポスト2015年6月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
オランウータンのオス メスをそ~っと抱く配慮しモテる
「シーラカンスはなぜ進化しない?」ほか動物の話題満載の本
海原雄山の「牛肉なら未経産のメスがうまい」発言に同意の声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP