ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

50歳になったら1年に1度眼科検診を 視力奪う加齢黄斑変性症

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 黄斑(おうはん)というのは、網膜の中心にある直径が1.5~2ミリのモノを見るための場所だ。加齢黄斑変性症は、黄斑が障害されることで、視野の中心がゆがみ視力が低下する。50代から発症が始まり、年齢とともに増加する。タバコが発症のリスクであるため、日本では男性患者が女性の3倍になっている。さらに高血圧や心疾患なども発症に関与しているといわれる。日本大学病院アイセンター科長の島田宏之教授に話を聞いた。

「日本人の失明原因の第4位が加齢黄斑変性症です。この病気は黄斑が萎縮する『萎縮型』と網膜の下に新生血管ができる『滲出(しんしゅつ)型』に分類されます。『萎縮型』は今のところ治療法がありませんが、『滲出型』はレーザーや手術、注射など各種の治療法が開発されており、視力の保持が可能となっています」

 加齢黄斑変性症の前駆期は、中心部に軟性ドルーゼンと呼ばれる所見がみられるが、視力低下はほとんどなく、サプリメントの効果が期待できる。ビタミンや亜鉛、ルテインなど抗酸化物質が含まれたサプリメント2種が学会推奨されている。ただし、健常者がサプリメントを飲んでも予防効果はない。

 早期では、網膜の下に新生血管ができ、出血しやすくなる。中期になると大きな出血が起こり、視野の中心がゆがみ、真ん中が暗く見えなくなって暗転が起きる。誰かとすれ違っても、相手が見えず人間関係がぎくしゃくしたり、新聞や資料が読めないといった日常生活の不便が生じる。このため、人に会いたくない、家を出たくないといった、うつ症状を発症することもある。

 早期と中期の治療法は2つある。1つが光線力学療法だ。広範囲にレーザーを照射すると正常な網膜の細胞にまで影響が及ぶ。そこで事前に特殊な薬剤を注射し、薬剤が新生血管に集積した後で、薬剤にだけに感受性のあるレーザーを照射する。

 2つ目が2009年に保険承認された抗VECF薬の注射だ。血管を増殖させるVECFという因子の働きを抑制する物質を注射することで、血管の新生を抑える治療だ。

「眼球の白目から硝子体(しょうしたい)の中に注射します。薬を確実に患部に到達させ、しかも副作用がないというメリットがあります。しかし、注射の効果は2~3か月と短く、効果がなくなる度に注射の必要があります。保険診療で3割負担でも、1回5万円程度の費用がかかり、高額なため、治療を断念される方もいます。心筋梗塞や脳梗塞既往(きおう)の方は治療できません」(島田教授)

 加齢黄斑変性症の末期の滲出型も治療法がなく、視力の改善は難しい。昨年からiPS細胞を使った加齢黄斑変性症の臨床研究が始まっている。しかし、1×2ミリのシートを作るのに約3000万円かかるなど、実用化にはまだ遠い。50歳を迎えたら、1年に1度、眼の健診を行なうことが、視力を保つ一番の方法だ。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2015年6月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
糖尿病黄斑浮腫 働き盛りの視力障害原因病に新しい治療法登場
早期治療で失明回避したい 緑内障・糖尿病性網膜症等の疾患
WHO認定の花粉症 唯一の治療手段は「舌下減感作療法」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP