ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人型巨大ロボ「クラタス」初の玩具化! 銃撃ロボ「ガガンガン」登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ガガンガン レッドクラタスモデル/画像はタカラトミー(@takaratomytoys)のTwitterより (C)TOMY
玩具メーカーのタカラトミーから銃撃バトルロボット『ガガンガン』が、6月20日(土)に発売される。価格は各4,300円。

さらに、日本の技術者チームである水道橋重工によって開発された人型巨大ロボット「クラタス」とのコラボレーションモデル「ガガンガン クラタスモデル」も2種登場。こちらの価格は各4,500円となっている。

注目の新ホビー登場

『ガガンガン』は、銃撃戦闘ロボットをイメージして制作された、独自の駆動方式による爽快な操作性と、赤外線通信で2体での銃撃バトルを可能にした、家庭内で遊べるトイバトルロボット。

コックピットの操縦かんを模したコントローラーで機体を操作し、相手にLED光線による10発の銃撃を与えて勝つ「ショットダウン」と、相手のロボットに体当たりをして転倒させる「ノックダウン」によってゲームの勝敗をあらそう。

クラタスとは

今回コラボが発表された「クラタス」は、造形作家の倉田光吾郎を中心としたプロジェクトチーム・水道橋重工が開発した、人が搭乗してタイヤ走行による自走が可能な全長約3.8mのエンジン駆動人型四脚巨大ロボット

巨大ロボに乗りたい」という夢を叶えるべく、約2年の制作期間が費やされ、Amazonにて約1億2000万円という衝撃の価格で販売。映画『THE NEXT GENERATION パトレイバー 第1章』へも出演するなど、各方面で話題を呼んだ。

「ガガンガン クラタスモデル」は、タカラトミーと水道橋重工との共同開発により制作。世界初のクラタス玩具化となる。その収益の一部は、水道橋重工のクラタスプロジェクトに充てられるという。

本作では、クラタスオリジナルサウンドを内蔵し、実際にクラタスが持つクラタスキャノンという専用武器が搭載されている。また、ガガンガンシリーズのどのロボットとも対戦可能となっている。

本来のクラタスにくらべて1/35スケールと手に取りやすい大きさとなっているので、これまでクラタスの購入に踏み切れなかった方は特に見逃せない!

引用元

人型巨大ロボ「クラタス」初の玩具化! 銃撃ロボ「ガガンガン」登場

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP