ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

暗い夜道も安心!街灯の多いルートをナビしてくれるアプリ「Rudder」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「Googleマップ」や「Apple Maps」などの一般的な経路検索アプリは、目的地までの最短経路を知るのに便利だが、実際、時間帯によって、ルート周辺の治安や、道の雰囲気は、異なるもの。

とりわけ、暗い夜道の一人歩きは、不安や危険がつきまとう。

・夜道を安全にナビゲートする「21世紀の行灯」

「Rudder」は、夜間の歩行者に特化した経路検索アプリ。街路灯が多いルートを検索し、目的地までナビゲーションしてくれる。

視界が限られ、方向感覚が鈍くなりがちな夜間の歩行者に配慮し、交差点などで進行方向を矢印で表示する「ターンバイターン」を採用するなど、シンプルで直観的なインターフェイスが特徴だ。

・米国中心に3カ国12都市に展開中

Rudderのプロジェクトチームでは、地方自治体などの行政機関から各都市の街路灯データを収集し、経路検索アプリの開発をすすめてきた。

現在、サンフランシスコ・シカゴ・ボストンなど、米国9都市に加え、カナダのバンクーバー、フランスのパリを対象エリアとし、ベータ版としてリリースしている。

とかく、経路検索では、移動距離や所要時間といった効率性が優先されがちだが、Rudderは、ユーザーの視点に立ち、防犯やユーザーの安心・安全を優先した、新しい経路検索ツールといえるだろう。

Rudder

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP