ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マツコ・デラックス、ヨネスケも惚れる!男の中の男・TOKIO松岡昌宏がカッコよすぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月24日に放送された「東京ライブ22時 TOKIO松岡特別編」で、松岡昌宏の言動・行動がカッコよすぎると話題になっている。

今回番組では、松岡と松岡の飲み友達である落語家ヨネスケ、テレビ東京の松丸友紀アナウンサーと一緒に、北千住ではしご酒に挑戦。
1軒目で、視聴者からの「年上の人とうまく飲めるコツ」を聞かれた松岡は、「無理にしゃべろうとせず先輩の話を聞く」とアドバイス。それにはヨネスケも同意し、松岡を聞き上手だと褒め称えた。確かにゲストとして登場した飲み屋の達人たちや、大将の話を遮ることなく、うまく聞き出すトーク術は観ていて気持ちがよくなるほど。
さらには、奥で一人で飲んでいる女性の常連さんを、昭和のドラマ『さよなら李香蘭』に例えるなど、年代に合わせたジョークを入れるセンスまで発揮。これにはヨネスケも大笑いで「例えが上手い!」と絶賛、さりげなく料理を人数分のお皿に取り分ける気配りまで披露した。

そんな松岡の素の表情が見えたのは、ある視聴者からの質問だった。「ハブを退治したり舟屋を作ったりしていますが、TOKIOは一体何を目指しているんですか?」という17歳の直球過ぎる質問だ。「最近ちょっと自分たちでも分からなくなってきる」と言いながら、「例えばバンドなのに無駄に野菜の作り方とかうるさいし、音楽のことで言われても頭に来ないのに、トマトの作り方を言われると『それは違くないっすか?』みたいな。キレてる場所も違くないっすか?って」と素直に吐露。完全に酔っ払ったヨネスケも大きく同意し、「俺も、落語家なのに、晩御飯の入り方ってどうすればいいかを聞かれるんだ!」と同じ悩みを打ち明けた。

そんな松岡の目指しているところ、それは「ドリフターズ」だと語る。いろんな人に愛されていることを尊敬し、「いかりや長介さんに、『いいねTOKIO』と言われて嬉しかった」とお酒の勢いもあり、紅白でドリフターズ全員に会ったエピソードを興奮気味に話す松岡。そんな松岡にヨネスケは「こいつすごいよ!」と手放しに大絶賛した。
これを見たネットユーザーからは、「音楽でモメるのが想像できないww」「TOKIOは農家だからなw」と突っ込みながらも、「松岡かっこいいなあ」「ドリフってのにちょっと納得」「こいつイイやつだな」「気配りが勉強になる」「一緒に飲みたい」「ヨネスケ、松岡のこと好きすぎるだろw」など、絶賛の声が上がっている。

関連記事リンク(外部サイト)

ロバート・デ・ニーロが卒業生に贈った祝辞が名言だらけでカッコよすぎる
ありがとうドルトムント・クロップ監督!サポーターの感謝メッセージが泣ける【動画】
【中川淳一郎コラム】アッパレ!ビール会社勤務社畜のスーパー極意7か条
イチローが所属するマーリンズのド素人監督の執念がスゴすぎる「金と権力で頂点に立つ」
日本ハム・大谷翔平が語る、二刀流への本音と譲れないこだわり【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。