ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テイラー・スウィフト&ビヨンセ、“世界で最も影響力のある女性”に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フォーブス誌による“世界で最も影響力のある女性100人(100 Most Powerful Women in the World)”が発表され、テイラー・スウィフトやビヨンセがリスト入りした。

 64位に入っているスウィフトは現在25歳で、今年リスト入りしている中で最年少となった。フォーブス誌は彼女の影響力について、「同シンガー・ソングライターは、昨年秋にリリースしたアルバム『1989』でカントリー界の新星からポップ界のスーパースターへと変貌を遂げた。同アルバムは350万枚売り上げ、同年のトップセラー作品となった」などと説明している。

 一方のビヨンセは、エンターテイナーで最高位となる18位にリストアップ。同誌は、「ビヨンセもワールドツアー【ミセス・カーター・ショー】および自身の名を冠したサプライズ・アルバムのリリースを経て、昨年の“セレブ100人”の頂点に立った。ここ1年では、作年夏に夫ジェイ・Zと行ったツアー【オン・ザ・ラン】を再開させ、北米19公演で総額1億ドル(約123億円)を稼ぎだした。これにより2人は、一晩平均でザ・ローリング・ストーンズと肩を並べるほど稼ぐ音楽界初の夫婦となった」とコメントしている。

 なお、ドイツのアンゲラ・メルケル首相が再びNo.1の座を獲得。同誌はメルケル首相について、過去12年間で10回リスト入りしており、そのうち9回がNo.1であると述べている。ちなみに2位は特に驚きもなく、ヒラリー・クリントンだ。誰もが一度は耳にしたことがある名前だろう。

関連記事リンク(外部サイト)

ウィズ・カリファが洋楽チャート5週目の1位に! ALリリースに伴いイマジン・ドラゴンズ、ゼッドがTOP3に
ジョス・ストーン、新作アルバム『ウォーター・フォー・ユア・ソウル』を7月リリース
もはや夏の風物詩になったセルジオ・メンデスの陽気なステージ。今夜は華やかなサンバのリズムに乗って、楽しくステップを踏んで。

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。