体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『NINKU-忍空-』BDBOX発売記念イベントで松本梨香も熱唱! 桐山先生が新たな展開も匂わせる!?[オタ女]

忍空イベント_009鈴木結女&松本梨香_WEB

1995年に放送されたTVアニメ『NINKU-忍空-』がBlu-ray BOXとなって6月26日、8月26日にBlu-ray BOXに発売! 発売に先駆け、メインキャストや原作者の桐山光侍先生も登壇した『TV放送20周年記念!NINKU-忍空- Blu-ray BOX イベント』が開催されました。

※すべての画像入りの記事はOtajoでご覧ください
http://otajo.jp/48149[リンク]

NINKU_MAIN_WEB軽

イベントのオープニングとして、「ジャンプスーパーアニメツアー’95」で上映されて以来、VHS以外ではパッケージ化されていなかった幻の作品『NINKU-忍空- ナイフの墓標』のHDネガテレシネ版が特別上映された後、メインキャストの3“忍”、「子忍」風助役の松本梨香さん、「酉忍」藍朓役の真殿光昭さん、「巳忍」橙次役の小杉十郎太さんが登壇。

忍空イベント_007声優陣_WEB

『NINKU-忍空- ナイフの墓標』を、会場の観客と一緒に観ていたという3人。松本さんは「忍空って、心に届く作品ですよね。その作品の主人公・風助役を演じさせて頂いていたことが、本当に嬉しくて……」と、早々に目に涙を滲ませ、当時に思いをませていました。

忍空イベント_002松本梨香_WEB

そんなしんみりとしたムードに会場が包まれる中、真殿さんは松本さんの抱えるTV放送当時から大切にしてきたという風助の友達のペンギン・ヒロユキのぬいぐるみを見て、「少し埃かぶってない?(笑)」と、冗談を飛ばし会場は笑いの渦に。

忍空イベント_003真殿光昭_WEB

収録当時の思い出を尋ねられると、「出演者の皆さんにお会いするのが楽しみで、毎週スタジオに行って無我夢中にやっていましたね」と松本さん。アニメ化が決まる前、連載当時から『NINKU-忍空-』にハマっていたという真殿さんは、「特に藍朓が大好きで、オーディションにはトレードマークである黒のタンクトップとジーパンで挑み、見事決まりましたよ!」と、当時の思い入れを語りました。

それに対して松本さんから、「自分で見事って言っちゃう?(笑)」と、ツッコミを入れられるなど、徐々に盛り上がりをみせていく会場内。

NINKU_B_10_WEB 忍空イベント_004小杉十郎太_WEB

またイベント当日、真殿さんに負けじと、橙次のトレードマークであるふんどしにちなんで、白いパンツを履いてきたという小杉さんは、「20年前だから、オーディションを受けたか記憶が定かではなくて……」と不安そうに語るのに対して、「当時(オーディションを)受けたって、言ってましたよ!」と、真殿さんにフォローされ、苦笑いする場面も。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy