ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ジ・オーブ、新作はダビー・アンビエント? ミニマル・テクノ? いやいや全部でしょ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ジ・オーブ、新作はダビー・アンビエント? ミニマル・テクノ? いやいや全部でしょ!

でちゃうんですよね。7月1日に新作『MOONBUILDING 2703 AD』をリリースする、ベテラン、ジ・オーブ。

1980年代末から活動、アレックス・パターソンを中心にアンビエント・ハウスやダブ・ブレイクビーツ、その他、まるっといえばサイケデリックなテクノ・サウンドを作り続けているアーティストだ。

最近ではリー・ペリーとのコラボ・プロジェクトも記憶に新しい。また、ここ10年ほどは、ジ・オーブとしてのプロジェクトはそのほとんどをモーリッツ・フォン・オズワルドの兄貴分とも言えるベルリン・テクノのマエストロ、トーマス・フェルマンと行っているが、最新作もトーマスとの共作になるようだ。

新作は、ドイツ、ケルンの最重要老舗テクノ・レーベル〈KOMPAKT〉からリリース(日本国内はBEAT RECORDS)されるため、どのような作品になるのか期待が持たれる。

そんななか『MOONBUILDING 2703 AD』の全編からエデットを施した5分弱の音源が公開された。うーーーん、これ、ジ・オーブの音としか言いようのないサウンドが、ここ最近のミニマル・ダブ的な音質にアップデートされていまして、まぁ、最高としていいようがない、サイケデリックアンビエントミニマルダブブレイクビーツ(だからそれがジ・オーブだっての)な作品に仕上がっている模様です。

OTOTOYでももちろん配信いたします。ハイレゾも……吉報を待て!
(河)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。