ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

記念日にも使える!ワンランク上の超人気ビアガーデンが今年も開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あなたは“ビアガーデン界の最高峰”と言われる、明治記念館の「ビアテラス鶺鴒(セキレイ)」を体験したことがあるだろうか。

ここは“賑やかに大勢で盛り上がるもの”というビアガーデンの概念を覆す、驚くほどラグジュアリーなスペース。

まず会場へ足を踏み入れると、その開放的なロケーションに衝撃を受ける。

ここから見えるのは手入れの行き届いた芝生と青い空だけ。東京の真ん中とは思えないほど、周囲の建物がまったく目に入らないのだ。

そんな場所で飲むビールが不味い訳がない。

このビアテラスでいただくお料理は、「鮑の塩蒸し」「ずわい蟹」「キッシュローレン」「国産牛のローストビーフ」「フレンチトースト」と、グルメを唸らす本格料理。

ビールは“泡がシャリッと冷たい”と人気の「一番搾り フローズン生」もあり、仕事あとキンキンに冷えたビールが楽しめる。

このほかにも和・洋・中のシェフが腕を振るうメニューや豊富なドリンクがラインナップ。

おまけにこちらのビアテラスでは毎日、日本舞踊やジャズ民謡など日替わりのショーも展開され、ムードも満点なのだ。

この空間を味わうために例年、多くの人が詰めかける名物ビアガーデンとなった「ビアテラス鶺鴒」だが、並びたくない人のために今年も“プレミアムシート”の予約がスタート。

現在は6月の平日分の予約を受け付け中。ただしこちらはテーブルごとに別途6300円のチャージ料が必要となる。

会場内にはこの “プレミアムシート”が20席あるほか、芝生部分に180席ほど用意されており、混雑状況はTwitterでも配信しているので、事前にチェックしておくといい。

しっぽり楽しむビアガーデンや、誕生日など記念日デートにも使える“極上ビアガーデン”をお探しの方は、ぜひここに足を運んでみては?

開催日時や予約の詳細は公式サイトまで。

明治記念館 ビアテラス鶺鴒
営業期間:プレオープン
5月29日(金)まで
17:00~21:30(ラストオーダー料理・飲物共に21:00)
グランドオープン
6月1日(月)~9月10日(木)の平日
17:00~22:30(ラストオーダー 料理 21:30 / 飲物 22:00)
※8月10日(月)~8月16日(日)の間は16:00よりオープン
15日(土)16日(日)は特別営業
料金:プレミアムシートのテーブルチャージ料は1テーブル6300円(4名用テーブル)
http://www.meijikinenkan.gr.jp/restaurant/company/sekirei/

グルメ(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP