ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】国内初!ベンチャーCEOに直接応募できるオンライン転職サービスとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どんなに優れたビジネスでも、優秀な人材なくして企業は育たない。そんな思いから誕生した、ベンチャー専門転職サービス「Amateras Online(アマテラスオンライン)」。

志望するベンチャー企業のCEOに直接応募できるという、シンプルかつダイレクトなシステムが評判を呼び、リリースからわずか1か月で破竹の勢いを見せている。

国内初となるサービスを立ち上げたのは、アマテラス。代表取締役社長の藤岡 清高(ふじおか きよたか)氏が、インタビューに応じてくれた。

・ダイレクトリクルーティングによってミスマッチのない転職に貢献

Q1:「Amateras Online」提供のきっかけと経緯について、お聞かせください。

株式会社アマテラスを創業したのは、「日本からグーグル・フェイスブックを100社創出する」という理念を、実現するためです。(中略)

日本からベンチャーがなかなか育たない理由は、まず、ベンチャーに優秀な人材が参画する文化がないこと、ベンチャーに行きたい人向けの転職サービスがないからだと思います。(中略)

そこで、日本からエクセレント企業を創出するためには、「起業家が優秀な人材を採用する仕組みを作ること」が重要と考え、ベンチャー・スタートアップ専門の人材紹介会社を、2011年4月の震災後に立ち上げました。(中略)

おかげさまで、とても多くの問い合わせが来るようになり、対応できない状況になってきたこと、この事業をITの仕組みに落として拡大するタイミングになったので、今回この「AmaterasOnline」をリリースしたのです。

Q2:「Amateras Online」とは、どんなサービスなのでしょうか。

アマテラスが厳選した優良なベンチャーCEOとベンチャー転職志望者(幹部候補人材)が、サイト上で直接コミュニケーションできる、ダイレクトリクルーティングサービスです。

他サービスにない最大の特徴は、ベンチャーで幹部候補として活躍したい人が、「Amateras Online」上で社長に直接連絡し、やりとりができることにあります。経験もある幹部候補人材がベンチャーを受ける際に、最もストレスがなく、ミスマッチがない方法は、社長と直接コミュニケーションすることです。(中略)

つまり、ベンチャーの幹部採用にとってベストな形は、CEOと志望者の間をNo Middleman(仲介なし) にしておくことだと考えており、それを実現したのが本サービスなのです。

・経営者感覚を持った人ほど成功する

Q3:ベンチャー企業に貢献できる「優秀な人材」とは、どんな人材でしょうか?

まずは、「なんでもやる」という気概と、やってみるという行動力がある人です。次は、創意工夫する人。目標達成のために、どうしたら達成できるのかを、ゼロベースで考えられる人を指します。3つ目は、原因自分論。何があっても他人、会社のせいにしない。当事者意識をもってことを進める人です。(中略)

(優秀な人材とは)いわゆる経営者が欲しがる「経営者感覚を持った人」です。そのような感覚を持った人が、チャレンジする気持ちを持つと、成功することが多いように思います。

Q4:今後の展望について、教えてください。

まずは、「AmaterasOnline」の事業に集中したい、と思っています。AOを通じて、後悔なくベンチャー転職をするにはCEOを見極めていくことが重要、ということも伝えていきたいです。

日本ではそもそも、優秀な人がベンチャーに転職するという文化がないということですが、その文化を変えていくことにも貢献したい、と思っています。

将来に向けて、他にもさまざまなプランを描いているという藤岡氏。日本からエクセレントなスタートアップ企業が誕生するのも、そう遠い話ではないかもしれない。

Amateras Online(アマテラスオンライン)

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP