ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビル・ゲイツが注目する「未来の肉」が、地球環境を救う!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

150526_vege-and-climate03

地球環境を考える上で、人間の食は欠かせない要素だ。たとえば、肉食は菜食に比べ、環境への負荷がかなり高いというのは、よく知られている通り。それをなんとかするのは困難だが、しかし、不可能ではなさそうだ。

01.
大気中のメタンガスの約3割が
動物のゲップ!?

85singo_shutterstock_215859100

そもそも畜産業はどのように環境に影響しているのだろうか?
意外にも大きな要素として、“動物のげっぷ”が挙げられる。牛や羊やヤギは、胃を4つ持っていて、二酸化炭素の50倍もの温室効果を持つメタンガスを大量に排出する。
世界の温室効果ガスのうち、約2割ほどがこのメタンガスによるものだが、そのうちのおよそ3割が牛などのげっぷに由来すると言われている。

02.
牛肉1kgの生産には
10kg以上の穀物が必要

85singo_shutterstock_217542331

さらに、家畜の食料となる穀物の量もポイントだ。農林水産省によれば、牛肉1kgの生産に必要な穀物は11kgほど。もちろん環境の影響によりもっと多い場合もある。

そのため、肉食をやめれば、家畜用の穀物を人間の食料にすることができ、食糧危機のリスクを軽減できるのではないかという考えがあるのだ。穀物のみならず飼育に使用される水も同様に考えられている。

03.
未来の食べ物
植物性の「肉・卵・塩」って!?

以上を踏まえて持続可能な「食」を考えた時、肉食を減らす必要があるという考えは世界的にも叫ばれていること。とはいえ、肉食を完全にやめれるのか? と聞かれれば、きっと多くの人はNOと答えるだろう。これまで食生活の嗜好という問題を越えて、産業や文化としての側面もある。

しかし、植物で肉や卵をつくってしまおうという技術が開発されている。投資を行っているのは、あのビル・ゲイツだ。

Reference:thegatesnotes

Reference:Hampton Creek

テクノロジーやビジネスニュースを取り扱うwebサイト「Fast Company」によれば、ビル・ゲイツは「Beyond Meat」、「Hampton Creek Foods」「NuTek」の3社に投資を行っており、それぞれ植物性の「肉」「卵」「塩」を作り出すことに成功している。

上の動画では、実際にその味を確かめたレポートを視聴することができるが、なかでも「植物性の肉」は本物の味に限りなく近いようだ。今後も、同様にテクノロジーによって作られた食べ物が次々と開発されていくかもしれない。

04.
野菜はどんどん
食べた方がいい!

85singo_shutterstock_126744203

科学ニュースを取り扱うサイト「Scientific America」によれば、London School of Hygiene & Tropical Medicineが行った調査でも、WHOの推奨する健康のガイドラインに沿って、菜食ダイエットを行うだけで、ロンドンの温室効果ガスの排出量を17%削減することができると調査結果が出ている。

どうやら人々の健康や環境を考えると「菜食主義」へのシフトは、将来的に重要なポイントになってくるのは、間違いなさそうだ。

Reference:gates notes , 農林水産省 , thegatesnotes ,
Hampton Creek , Fast Company , Scientific America

関連記事リンク(外部サイト)

2017年に商品化される?世界初の空飛ぶクルマ「AeroMobil」が登場!
ペットボトルなんて古い?そのままで持ち運べる「水」がでた!
50万個以上のレゴで作られた「空気」で走る自動車!ガソリンはもう要らない!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。