ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

結婚前に絶対に聞いておくべき15のコト「離婚しないためにも・・・」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

結婚は、人生における重要な決断の一つ。幸せな結婚生活を送るために慎重に決めたいもの…。
Elite Daily」の男性ライター、Paul Hudson氏は、結婚前にパートナーに聞いてほしい「15の質問」をリストアップしています。
結婚前にお互いのことをしっかりと確認し合うことが正しいパートナー選びには大切なこと。
付き合っている相手がいる方、またこれから結婚をしたいと思っている方もぜひ参考にして下さい。

 

 

01.
「どうして愛してるの?」
お互いを好きな理由

愛を伝えることは大切。ですが、なぜ愛しているのか聞いてみましょう。パートナーのどんなところを愛しているかは人それぞれ。相手が自分のどんなところが好きなのか、ちゃんと認識しましょう。

02.
「どうして、一生一緒にいたいの?」
未来のあり方

この質問に対し、愛しているの答えだけでは不十分。人生は旅のようなもので、結婚するとはすなわち人生を一緒に旅するようなこと。相手のことをどれだけ知っているとはいえ、それぞれ人生の目的地は違います。パートナーが未来をどう過ごしたいか聞いておきましょう。違いが悪いのではなく、知っていることが大切。

03.
「愛し続けてくれる?」
相手のために努力できるか否か

愛する気持ちを保ち続けることは、簡単ではありません。お互い、興味を持続させることはとても難しく、努力が必要不可欠。パートナーを魅力的に思い、そして思わせ続けることは年を重ねるごとに難しくなります。
愛する気持ちは1人だけで保つことはできません。2人で事前に確認しましょう。

04.
「ずっと側で一緒に成長してくれる?」
お互いの向上心

人生がどのような方向に向かっていくかは、誰にも分かりません。ですがパートナーとともに成長し、いつも側にいるよう努力することはできます。
多くの人は、長く関係を続けるとやるべきことはすべて終わったと思い成長をやめます。これは結婚関係が上手くいかない理由の一つ。結婚は恋愛関係のゴールではなく、始まりなのです。

05.
「辛くても、一緒にいてくれる?」
困難な状況との向き合い方

人生には辛いときが必ずあります。困難な状況が、夫婦関係を壊してしまうのはよくあること。辛くても諦めずパートナーとともに過ごす道を選ぶか、それとも別れを選ぶか。ありとあらゆることを想定して話すべき。
パートナーとともに過ごすことを選んだからには、どんなに辛くても負けてはいけません。

06.
「仲直りできる?」
相手に合わせる心の広さ

事前に、自分を譲ってでも相手をたてることができるか聞いておきましょう。素敵な結婚生活を築くには、自尊心をコントロールすることも大切。どんなに負けず嫌いな性格でも、相手に合わせる心の広さをもつことが大切。
どちらが正しい、間違っているということではなく相手の気持ちを理解し、妥協することが必要なのです。

 07.
「家族を優先してくれる?」
人生の優先順位

人間はさまざまな欲求を持っていますが、全てを叶えるには人生はあまりにも短い。何が自分たちにとって本当に大切か考える必要があります。家族を優先するか、仕事を優先するかはそれぞれの価値観。ただ事前に、相手の優先順位は知っておきましょう。

 08.
「親になる覚悟は?」
理想の親の姿

自分がよい両親になれるかどうか、分かる人はいません。必要なのはそのための努力。あまり深く悩まずに、お互いにとってよい両親とは何か話し合い、その姿になるために行動していきましょう。

 09.
「言葉で伝えてくれる?」
小さな心遣いができるか否か

愛は、永遠に続くものではありません。2人がお互い愛していると伝えて協力することが大事。言葉や行動で、パートナーへの愛を常に伝えあえるか、聞きましょう。相手を幸せにするためには、相手に伝わる方法で愛を伝えることが大切なのです。

 10.
「気持ちは変わらない?」
情熱を保てるか

どんなに愛し合う2人にも、倦怠期はくるもの。常に情熱を持って相手を愛し続けることは努力なしにはできません。その努力を、何十年もできますか?

 11.
「どんなときも支えてくれる?」
辛いときこそ、一緒に

金銭面だけでなく、精神面や身体面でもパートナーを支えることは結婚生活に必要不可欠。人生は、何が起こるか分かりません。もしかしたら、愛するパートナーが一生歩けなくなってしまうことも…。
それでも、愛し支えることができますか?あなたが辛いとき、代わりに家族を支えられますか?

 12.
「自分の夢や信念を貫ける?」
お互いの夢

心から人を愛したとき、人は変わるもの。ですが、どんな状況に陥っても変えてはいけないこともあります。それは夢や信念、人生の目標といったこと。結婚は、2人がともに人生を歩むことですが、それぞれの人生を犠牲にすることではありません。たとえ結婚したとしても、自分のアイデンティティーを忘れないことが大切。お互いの譲れないことは、事前に確認しましょう。

13.
「ケアし合える?」
相手の体調管理

愛するパートナーのために、健康に気をつけていますか?定期的な運動や、ビタミンの摂取など、カラダに気を遣うことはよい結婚生活を送るための大事な要素。相手の健康に注意することはもちろんですが、自分の健康管理も大事。お互い甘えず、厳しい目でチェックできるよう話し合うのが大事。

14.
「最期まで・・・」
その瞬間の迎え方

あなたのパートナーは、最期の瞬間までそばにいてくれますか?愛しているとささやき、あなたと一緒にいて幸せだったと言ってくれますか?
どんな最期を迎えたいか、死ぬときのことを考えるのは嫌ですが向き合っておきましょう。

15.
「余生はどうする?」
1人になった時について

病気や事故などで、予期せずに訪れる早すぎる死。残されたパートナーは、あなたがこの世から去ってしまった後でもうまくできるでしょうか?
もし子どもがいたらどうでしょう?2人の子どもを、愛し続けてくれるでしょうか?事前に最悪を想定して質問しておくことが大切なのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

神経学者が語るダイエットの恐怖「本当に必要なのは、4つの習慣」
長続きするカップルに、言葉はいらない!幸せなカップルに共通する「12のコト」
寝る前に一杯「カモミールティー」を飲むだけで、驚きの効果が!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP