ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チェリビダッケ指揮、ミュンヘン・フィルの1990年東京ライブ『ブルックナー7番』初CD化で第1位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、セルジュ・チェリビダッケとミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団が1990年に行った東京・サントリーホールでのライブ録音『ブルックナー:交響曲第7番』が日本初CD化され、堂々の第1位。更に2位にも同じ1990年東京ライブの『ブルックナー:交響曲第8番』がチャートインした。

チェリビダッケ指揮、ミ.jpg

 2大クラシックレーベル『ソニー・クラシカル』と『RCA RED SEAL』を中心に、ソニー・ミュージック所有のクラシックの名盤・珍盤・お宝盤をリリースする「ソニー・クラシカル名盤コレクション1000」の全100タイトルが出揃った。世界初CD化、日本初CD化も含み、1,000円と破格の販売価格となっている。今回1位と2位にチャートインしたチェリビダッケの2枚も、20世紀の演奏史に輝く名盤としてカタログ・リストに含まれている。

 第3位は朴葵姫『FAVORITE SELECTION』が初登場。2010年のデビュー盤『Sueno スエーニョ 夢』から日本コロムビアの最新盤『Saudade‐ブラジルギター作品集‐』まで、数曲ずつを厳選した初のベスト・アルバムだ。「タンゴ・アン・スカイ」、レノン&マッカートニーの「イエスタデイ」(武満徹編)を新収録。また初となるDVDではレコーディングドキュメントも収録。更にブックレットには音楽評論家の濱田滋郎氏を招き、5000字に及ぶロング・インタビューで日本での演奏活動に取り組む意気込みを掲載するなど、ファン垂涎の豪華アイテムとなっている。

text:yokano

関連記事リンク(外部サイト)

6月1日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
アンジュルム 初の武道館に子供泣き&強烈な新曲披露 福田花音「今日が一番幸せな日」卒業まであと186日
『メンタリスト』サイモン・ベイカー、映画監督デビュー作について語る

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。