ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウィズ・カリファが洋楽チャート5週目の1位に! ALリリースに伴いイマジン・ドラゴンズ、ゼッドがTOP3に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ウィズ・カリファ feat.チャーリー・プースによる「シー・ユー・アゲイン」が、Billboard JAPAN洋楽チャート5週目の1位を記録した。

 エアプレイ・チャートでは7位から20位へ急降下した「シー・ユー・アゲイン」だが、圧倒的なデジタル・セールスとともにツイート・ポイントも順調に推移し、今週も首位をキープした。「シー・ユー・アゲイン」に代わり、エアプレイ・チャートで大幅なジャンプアップを果たし、今週2位にランクインしたのはイマジン・ドラゴンズの「アイ・ベット・マイ・ライフ~僕の人生をかけて」。最新アルバム『スモーク・アンド・ミラーズ』の5月20日リリースに伴い、エアプレイ・チャートでは先週16位から2位に大ジャンプアップ、2015年4月からは日本テレビ系『ザ!世界仰天ニュース』のエンディング・テーマにも起用されていることもあり、徐々にお茶の間にも浸透してきていることも要因となっている。

 ここ1か月TOP3圏内をキープしていたカーリー・レイ・ジェプセンの「アイ・リアリー・ライク・ユー」は4位にランクダウン。代わりに“EDM界のプリンス”ことゼッドの「アイ・ウォント・ユー・トゥ・ノウfeat.セレーナ・ゴメス」が3位に浮上。最新作『トゥルー・カラーズ』の発売に伴い、エアプレイ、デジタル・セールス、ツイート・ポイントをバランスよく蓄積した結果と言えるだろう。アルバム『トゥルー・カラーズ』は、同日にリリースされたポール・ウェラー、ケンドリック・ラマー、イマジン・ドラゴンズらの新作を抑え、洋楽勢では最高位の16位に初登場、その絶大な人気を見せつけた。来週には来日公演を控えていることもあり、今後さらに順位を伸ばしてくることが予想される。

 前記のアーティストに加え、同じく5月20日にニュー・アルバムを発表したスヌープ・ドッグの「ピーチズ・アンド・クリーム feat.チャーリー・ウィルソン」、そしてトゥエンティ・ワン・パイロッツの「ティア・イン・マイ・ハート」は、共にエアプレイ・チャートで順位を伸ばし、5位と6位に初登場。豪華キャスト出演のミュージック・ビデオが遂に解禁され、話題となったテイラー・スウィフトの「バッド・ブラッド」はツイート・ポイントを大きく伸ばし、今週15位に初登場。米ビルボード・シングル・チャートでは今週1位になるのではないかと噂されているこの曲、日本のチャートを制するのも時間の問題だ。

関連記事リンク(外部サイト)

6月1日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
ジョス・ストーン、新作アルバム『ウォーター・フォー・ユア・ソウル』を7月リリース
もはや夏の風物詩になったセルジオ・メンデスの陽気なステージ。今夜は華やかなサンバのリズムに乗って、楽しくステップを踏んで

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP