ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

修造語録好き妻 浮気疑惑夫に「大事なのは本気かどうか!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回寄せられたのは、デパート勤務のご主人(56歳)。奥様(52歳)は、松岡修造さんの大ファンです。

 * * *
 妻は昔から人に影響を受けやすく、最近は「私の人生の師は松岡修造よ!」と、ネットに流布する修造語録を僕に対して連発します。

 たとえば金曜の夜、「やっと休めるぞ」という気持ちになっているのに「もう寝るの? まだ22時よ。ゲームやりましょ」。妻は昔からテレビゲーム好きで、これが長いんです。「ごめん、疲れてるんだ。寝かせてくれよ」というと、「一生懸命生きていれば、不思議なことに疲れない!」。出た!修造語録!「いや、疲れてるから……」「本気になれば自分が変わる! 本気になれば全てが変わる」。聞く耳を持ってくれません。

 ただ、使い方が間違っていることも。僕が社内でお気に入りのOLを飲みに誘ったのに断わられてしまい、しかもメールのやりとりを妻に見られてしまいました。「……ごめん、僕が悪かったよ」と謝ると「勝ち負けなんか、ちっぽけなこと。大事なのは本気だったかどうかよ!」って、おいおい、本気になっていいのかよ!

「わかった! 代わりに私が家族を引っ張るわ! やるからには、富士山のように日本一になる!」。いやいや、オレや息子がお前に求めてるのは「富士山」じゃなくて、普通の「奥さん、お母さん」なんだけど!

※週刊ポスト2015年6月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
松岡修造 人生が変わる「ラーメンに□□□は使わない」実演
ソチの松岡修造 カメラが止まると目が完全に死んでいる説
「崖っぷちありがとう」 知られざる松岡修造の熱すぎ名言集

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP