ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】自宅をジムに!「BodyQuestボディデザインプログラム」が人気の理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏が近づき、いよいよダイエットが気になる季節。

そんな中、道具を使わずに自宅でできるプログラムをオーダーメイドし、最短3カ月でカラダを変えるサイト「BodyQuestボディデザインプログラム」が注目を集めているのをご存知だろうか?

専用アプリもリリースし、ジムに通う時間のない忙しい社会人を中心に人気を集めている。

株式会社ボディクエストの森 俊憲(もりとしのり)代表取締役に話を聞いた。

・オリジナルメニューで「自宅をジムに!」

Q1: 「BodyQuestボディデザインプログラム」とはどのようなものでしょうか?

私たちは、ダイエットを単なる減量という引き算の考え方ではなく、「ボディデザイン」という足し算の考え方をしてほしいと考えています。

本プログラムは、忙しい方の在宅シーンにフォーカスし、PCやアプリを通して時間・場所を問わないオンライン運動実プログラムとなっています。いわば、「自宅をジムに!」というアプローチです。

事前の詳細なカウンセリングに基づき、一人ひとりのレベルや理想とするボディデザインに応じて、実績豊富な担当トレーナーがオリジナル運動メニューを個別設計します。

・担当トレーナーがマンツーマンのサポート

Q2:  ユーザーはどのようにこのサービスを利用するのでしょうか?

例えば、道具を使わずに30分でできるお腹周りを中心とした引き締め効果の高いメニューを組んでほしい。

1日おき程度のペースで無理なく下半身の体脂肪を減らしメリハリのある体にシェイプアップしたいなど、個別にリクエストいただきます。

トレーニングの実践種目としては、特別な道具や運動神経も必要としない、努力対効果の高い自重トレーニング種目や体幹トレーニング種目をはじめ、ストレッチやヨガなども含めて100種類以上のバリエーションをご用意。(中略)

個々のトレーニングは全てナレーション&テロップ入りの動画にてご覧いただけますので、身体の動かし方や動作のタイミングやスピードを確認しながら、正しいフォームでのトレーニングが実践できます。

その後、担当トレーナーがマンツーマンのサポートを行います。進捗に合わせたポイントを解説しながら、プログラムの実践をサポートする応援メールを一人ひとりにお送りします。

質問やご相談には、何度でも無制限で対応いたします。(中略)一人で悩むよりも、きっとたくさんのヒントがあると思います。ボディデザインプログラムでは、3カ月または6カ月間の間、メンバーの皆さん一人ひとりの背中を優しく押し続けます。

Q3:  月会費、入会金など料金プランを教えてください。

3カ月サポートプランは30,240円(税込)。6カ月サポートプランは42,984円(税込)です。

上記以外の追加料金などはありません。

・やった分だけ成果に直結

Q4: どのような理由でこのサービスを開発することになったのでしょうか?

今の時代、好きな時間・場所で自由に運動ができるという人は、ごく一部の人を除いて実際にはほとんどいないというのが現実だからです。

(中略)そういった、多くの忙しい人を対象に、限られた時間・環境の中で、最大の成果を引き出すために、「いつでも、どこでも」、「短時間で最大効率を引き出す」、オーダーメイドのオンラインプログラムを開発したいと考えました。

トレーニングの指導は、PCやスマホアプリで観られるトレーニング動画や1対1でのコミュニケーションをベースに進め、忙しい皆さんのわずかなスキマ時間をフル活用して最大の効果を引き出すのがこのプログラムの使命です。

お求めやすい価格にもこだわりました。やった分だけ成果に直結するというのも、一人ひとりの目的や体力に合わせたパーソナルトレーニングならではの効用だと考えています。

・機能充実のスマホアプリも人気の秘密

Q5: 「BodyQuestボディデザインプログラム」のスマホアプリもあり、サービスが充実していますね。ローンチ後のユーザーの反応はいかがでしたか?

スマホアプリでのサービス提供を開始してから、ユーザー数が増加しました。

Q6: 今後の他社との提携や、新たなサービスアップデートの予定などを教えてください。

おかげさまで、様々な業界の方々から協業や提携のお声がけをいただいています。(中略)詳しいお話はできないのですが、サービスも進化させていく所存ですので、ぜひご期待ください!

スポーツジムにお金を払っているが、思うように行けない…。そんな人にこそ使ってほしい、エクササイズプログラムだ。

ボディクエスト ボディデザインプログラム

(Writer: Saera Jin)

 

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP