ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SEKAI NO OWARI、今夏公開の映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』主題歌を担当

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年8月1日から前編、9月19日から後編が全国連続公開される映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の主題歌をSEKAI NO OWARIが担当することが決定した。

前編は7月29日にリリース予定の「ANTI-HERO0」、後編はリリース未定の「SOS」で、前編英語詞で書き下ろす新たなチャレンジで制作されている。

前編の主題歌「ANTI-HERO0」は、アメリカにてgorillazやKASABIANのプロデューサーであるDan the Automatorと、後編の主題歌「SOS」はロンドンにて、Sigur RosのプロデューサーであるKen Thomasとレコーディング。アルバム「Tree」以来のリリースで、新たなステージへと踏み出す楽曲は、映画『進撃の巨人』を鮮やかに彩る。

SEKAI NO OWARIコメント
【ANTI-HERO】
今回、映画『進撃の巨人』のタイアップ用に書き下ろさせて頂いた「ANTI-HERO」という楽曲のテーマは“悪役のラブソング”です。大切な人を守るときに、躊躇いたくない、世間の目なんか気にしたくない。という気持ちから書き始めました。
Fukase

【SOS】
戦いがテーマであるこの映画を見て、「誰かを守ることは自分を守ることと同じなんだ」という歌詞を書きました。映画の最後にこの曲を楽しんで頂けたら、嬉しいです。
Saori

三浦春馬コメント
SEKAI NO OWARIさんのこれまでとはまた違った世界観を持った楽曲で、「進撃の巨人」の内なるテーマが歌詞と、リズム・メロディーで絶妙に表現されています。聴けば聴くほど、不思議な魅力に取り憑かれるような中毒性のある素敵な楽曲だと感じました。

山内プロデューサーコメント
「生きる」ということの絶望と希望を歌い続けるSEKAI NO OWARIしか、本作の主題歌は無いと考え、オファーさせて頂きました。彼らが皆、原作の大ファンであったことも手伝って、快諾頂きました。
早い段階でメンバー全員に映像を観てもらい、前編、後編共に進撃らしい「企み」のある、素晴らしい楽曲を作っていただきました。
既存の映像という「壁」を破壊する映画「進撃の巨人」と、既存の音楽という「壁」を破壊するセカオワの楽曲のコラボレーション、是非ご期待ください。

リリース情報
シングル「ANTI-HERO」
2015年7月29日発売
初回限定盤A(CD+DVD)TFCC-89562 1,800円+税
初回限定盤B(CD+DVD)TFCC-89563 1,800円+税
通常盤 TFCC-89564 1,200円+税

収録曲
1. ANTI-HERO
(作詞:Fukase 作曲:Nakajin 編曲:SEKAI NO OWARI、Dan the Automator 英補歌詞:Nelson Babin-Coy)
2. Home
(作詞:Fukase 作曲:Nakajin 編曲:SEKAI NO OWARI)
3. ムーンライトステーション remixed by Dux Content from London

映画情報
前編『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』
後編『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』
2015年8月1日・9月19日連続公開
©2015 映画「進撃の巨人」製作委員会
©諫山創/講談社

関連リンク

SEKAI NO OWARI Official Sitehttp://sekainoowari.jp/
SEKAI NO OWARI | TOY’S FACTORYhttp://www.toysfactory.co.jp/artist/sekainoowari

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP