ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初! 描いたイラストを具現化して印刷!? お絵かきパンケーキマシンが面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

空前のブームも落ち着きを見せ、手軽に食べられる朝食やスイーツとして定着した感のあるパンケーキ。そんなパンケーキを焼く際、できる焦げ目を応用して、パンケーキに文字や絵を描いたイラストパンケーキが動画投稿サイトなどを中心に話題になっているのをご存じだろうか。

インパクト抜群だから、ぜひ家庭でやってみたい! と思って挑戦してみるものの、肝心の画力がイマイチだったり、焦げ目を付けるタイミングが掴めなかったりで、そう簡単にはいかないもの……。

そんな人にオススメなのが、作成したイラストをもとにパンケーキを焼き上げてくれる全自動マシン「PancakeBot」。こちらは、好きな絵柄を読み込んで、そのままパンケーキとして”出力”してくれる、いわゆる"パンケーキプリンター"。絵柄の作成方法は、専用ソフトで直接文字やイラストを描くか、転写したい写真を読み込ませるかのどちらか。SDカードに対応もしている。

絵柄を読み込んでセットしたら、「PancakeBot」がホットプレート上にパンケーキ生地をデザイン通りに転写。機械ならではの精巧な動きを見ているだけでも楽しめるし、オリジナルの絵柄が描かれた焼きたてのパンケーキはもちろん、そのまま食べることができる。

このパンケーキプリンターを使えば、家庭ではもちろん、パーティーなどでも盛り上がること間違いなし! 文字が書かれたパンケーキを並べてテーブルのデコレーションをしたり、顔写真や似顔絵を転写してプレゼントしても喜ばれそうだ。

「PancakeBot」は、299ドル(約35,000円)で7月から一般発売開始予定。子どもがいる家庭へのプレゼントや、パーティーの名脇役として、ぜひ購入してみてはいかがだろうか。

関連リンク

kickstarter/PancakeBot

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP