ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「早生まれ」は損な人生?心配する母親が実践すべき3つのポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「早生まれの子ども」に関してネガティブな意見も

新学期がスタートし、早くも2カ月が経過しました。新生活への適応で気を張っていた分、疲れが出たり、想像していない状況に戸惑ったりと、5月~6月は悩みや不安が出やすい時期でもあります。そんなこの時期、多くの悩みの一つに「早生まれ」の子どもを持ち、幼稚園や小学校での新生活をスタートさせた母親の不安があります。

このコラムを書くにあたり、取り急ぎインターネットで「早生まれ 子育て」と検索してみると「早生まれは不利?有利?」「成長に差が出る?」などなど、少しネガティブな記事が並びます。

そこまで心配する必要はない

確かに 初めての我が子が入園・入学となれば、「あれ?うちの子って成長が遅れているの?いつも一人で遊んでいるわ??」など、心配する気持ちも理解できます。しかし、そんな母親へ簡単にメッセージを送るとすると、「そこまで心配しなくてよい」という結論に至ります。

というのも、私の長男も「3月中旬生まれ」と、ズバリ早生まれです。「うちの息子は不利なのか」と少し焦ってしまいましたが、そんな息子も現在は小学6年生。今では友達と比べて秀でているところもあれば、劣っているところもあり、たまに喧嘩はしますが「普通」に育ってくれています。

最も大切なのは子どもにネガティブな発言を繰り返さないこと

確かに幼稚園に入園したてのころは、他の友達が進んで発表しているのを眺めて見ているだけだったり、かけっこではいつもしんがりを務めていたり、同じクラスの友達を「おにいちゃん」と呼んでいたりといったことも思い出されます。それでも、親の心配をよそに本人は何とも感じていないようでした。

早生まれの子どもの場合、小学低学年までは他の子どもと多少の差はあるかもしれません。しかし、いずれ必ず差は埋まり、中には凄い勢いで追い越していく部分もあるはずです。一番大切なのは、「早生まれ」が何なのかを理解できない子どもに、親がネガティブな発言を繰り返し、子ども本人が「自分はできない」と諦めムードに陥らせないことではないでしょうか。

心配する母親に向けた3つの実践ポイント

それでも心配という人は、以下のポイントを実践してみてください。

1)できないことを伸ばそうとするより、できることを伸ばす。
できないことを克服するには「本人の努力」が必要です。しかし、特に幼いころは、「努力」というものを理解できません。他人と比較してできないことに目を向けるのではなく、個々の成長に目を向け、できることを認め、もっとできるように促すことで、自然に「努力する心」「チャレンジ精神」が育まれていきます。

2)よく話しかける(会話や読み聞かせ)
子どもが最もストレスを感じるのは、自分の意思が伝わらないこと、相手の気持ちが理解できないことです。言語の成長は子どもの成長として、一番分かりやすい要素でもあります。会話は成長ホルモンを促すとも言われています。可能な限り、子どもとの会話を楽しんでください。ただ、会話といっても幼い年齢であれば、お喋りだけではなく、絵本を読んであげたり、言葉遊びをしてあげたりということも必要です。そこまでの時間がなければ、抱き締めるなどの心での会話でもいいかもしれません。

3)最後は、自分の子どもを信じてあげる
もし、インターネットや本で「早生まれは〇〇な人○パーセント」など、ネガティブな記事を見つけたとしても、それは単なる数宇であって絶対ではありません。自分の子どもが、その数字には含まれていないことを母親が信じてあげてください。人間はマイナスな方ばかりを意識してしまう悪い癖があります。事実、ある記事には「早生まれには天才が多い」や「スポーツ界での成功者には早生まれが多い」というものも見かけます。もしかしたら、あなたの子どもも、将来世界を相手に活躍する天才かもしれませんよ。あ・・・うちの長男も(笑)

(つだ つよし。/心理カウンセラー)

関連記事リンク(外部サイト)

親の過干渉が子どもに与える悪影響
テレビが子どもに与える影響
体罰逆手に挑発する生徒続出、どう対応すべき?

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP