体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

こんな古民家に住みたい! 成功の秘訣とリノベのコツ

こんな古民家に住みたい! 成功の秘訣とリノベのコツ

古民家が静かなブームになっている。日本の伝統的な構法で建てられた古民家には、先人の知恵が活かされている。その趣ある古民家をリノベーションして再利用した事例が、多くはないが継続的に見られる。どうしたら古民家を再利用できるのか、事例とともにリノベーションのコツを紹介しよう。
昭和初期の古民家を自宅兼事務所にリノベーション

まず、築80年を超える古民家をリノベーションした事例を紹介しよう。

杉並区にあるこの古民家は、昭和初期に和菓子店として建築されたもの。一級建築士である相原まどかさんと山崎敏幸さんご夫妻が買い取って、自宅兼事務所(YUUA建築設計事務所)としてリノベーションした。

外観で特徴的なのは、前面に大きく張り出している屋根の軒(のき)(下の写真参照)。これなら、「軒先を借りて雨宿り」といった今は昔のことができそうだ。和菓子店の面影を残す、広い土間も趣がある。なんともいえない開放感と落ち着ける感覚は、広い土間ならでは。

リノベーションでは、耐震性を高めるために筋交い(すじかい)や貫(ぬき)を補強し、断熱材を追加しているが、基本部分はそのまま使っている。一方で内装については、オリジナルなアイランド型キッチンを入れたり、キッチンや床を左官の手仕事となる「カナリア石人研ぎ仕上げ」にしたりと、ご夫妻の好みに合わせて大幅に改修した。

古民家特有の良さを活かしながら、快適に暮らせるように大改修を行うのは、建築家として腕の見せ所だ。リノベーションに当たっては、木材が多用されているので木の特性についてかなり勉強したという。

【画像1】(左)天井が高い広い土間 (右)土間から上がると相原さんオリジナルの大型キッチンなどの水まわりとワークスペース。キッチンと床はカナリア石を使っている(写真撮影:山本久美子)

【画像1】(左)天井が高い広い土間 (右)土間から上がると相原さんオリジナルの大型キッチンなどの水まわりとワークスペース。キッチンと床はカナリア石を使っている(写真撮影:山本久美子)

【画像2】前面に張り出した大きな軒。出桁(だしげた)や腕木(うでぎ)など伝統的な構法は見た目も美しい(写真撮影:山本久美子)

【画像2】前面に張り出した大きな軒。出桁(だしげた)や腕木(うでぎ)など伝統的な構法は見た目も美しい(写真撮影:山本久美子)古民家を手に入れるのに重要な、意外なもの

筆者にこの事例を紹介してくれたのは、ステージワークスの瀬下優一さん。家を建てる人の側に立って設計や施工のコーディネートをする仕事をしている。事例の相原さんは、ステージワークスのパートナー建築家でもある。パートナー建築家には、京都で古民家の改修を数多く手がける多田正治さんと遠藤正二郎さんもいる。

【画像3】多田正治アトリエ&ENDO SHOJIRO DESIGNが手掛けた、京都精華町の古民家(写真提供:Kohei Matsumura)

【画像3】多田正治アトリエ&ENDO SHOJIRO DESIGNが手掛けた、京都精華町の古民家(写真提供:Kohei Matsumura)

最近は古民家を再利用しようと考える若い人も増えているが、実際に古民家を探したり、改修したりするのは、ハードルが高いと感じるだろう。古民家リノベーションの進め方のステップやコツを、瀬下さんに聞いてみた。

意外なことに、まず重要なのは資金計画だという。古民家は築年が古いので、融資を受ける際に担保価値を低く見られがちだ。思うように住宅ローンが借りられない場合もあり、どこから借りるか、自己資金とローンをどう組み合わせるかなど、マネープランを練ることが第一の関門だという。そのために瀬下さんは、最初にファイナンシャルプランナーを紹介して、お金の問題に見通しを立ててからスタートさせるようにしている。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。