ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

石丸謙二郎も大感激! 麺も雲丹(ウニ)、スープも雲丹、具材も雲丹の贅沢ラーメンの店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月23日放送の「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系、毎週土曜午前9時25分)で「都心をぐるり ぶ・ら・り 初夏を彩る新名物 山手線の旅」と題して、俳優の石丸謙二郎さんが、「いち花」(東京都新宿区)を訪れた。

 JR高田馬場駅から徒歩5分の同店は、麺も雲丹(ウニ)、スープも雲丹と銘打った、雲丹が自慢のラーメン店。今年の2月に店舗をリニューアルしたタイミングで雲丹ラーメンを提供するようになった。スープは、練り雲丹と酒、みりんなどを混ぜて作った雲丹スープに鳥ガラベースのスープを入れて作る。麺は小麦粉に練り雲丹を混ぜ込んで作るストレート麺。今回石丸さんは、「究極雲丹ラーメン」(3800円 税込み)を注文。器いっぱいに生雲丹が、100gトッピングされている贅沢な一品だ。

「究極雲丹ラーメン」を見た石丸さんは、「う~ん、大振りな身だね。あ、この香り!」とコメントした。そして食して「あ~、濃厚だな。うん。うまいわ! 雲丹の香りがブワ~と出てきて」と称賛。麺を食べ終わったあとは、残ったスープで「チーズ追い飯」(150円 税込み)を味わい、「雲丹にはチーズが合うんだね。いちいちうまいな~」と堪能した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:いち花 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:高田馬場のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:ラーメン・つけ麺のお店紹介
ぐるなび検索:高田馬場×ラーメン・つけ麺のお店一覧
宮本亜門おすすめ! パティの塩気とチェリーの甘さがクセになる「チェリーバーガー」!
中山秀ちゃんが毎日食べたいラーメン! 中華街の名物料理「活あさりそば」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP