ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

木村竜蔵 2つの人生が交錯する新MVフル公開 そっくりさんがライブジャックも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月3日に初のフルアルバム『碧の時代』をリリースする木村竜蔵。そのリード曲「落蕾~ラクライ~」のミュージックビデオが、自身が責任編集を務めるウェブマガジン『碧の時代~88年に生まれて』上に公開された。

 TBS系TV番組『ひるおび!』6月度エンディングテーマに決定した「落蕾~ラクライ~」のMV(http://youtu.be/JSAoeet-W2g)は、一人の若者がミュージシャンを続けるのか、あきらめて普通の社会人になるのか、大きな選択を行った後にそれぞれがどんな人生を歩むのか、その2つの日常を対比させて描くという意欲作。先日より公開されていた予告編では本人が初めてのスーツ姿を公開、話題を呼んでいた。しかし、そのスーツ姿で歌う人物について、木村竜蔵は自身のSNSにて「僕のそっくりさん“木村隆三”さん」と紹介。その人物はビデオの監督が偶然に出会いスカウトしてきた、木村竜蔵に瓜二つのサラリーマンだというのだ。

 竜蔵曰く、この“木村隆三”さん、今は父親が経営する渋谷の会社で働く“80’Sソングが大好きな”元ミュージシャンとのこと。家族の反対でデビューをあきらめた、など細かいプロフィールもあるらしく、今回のMV出演で音楽熱が再燃。なんと木村竜蔵のアルバム発売日である6月3日に渋谷SARAVAH東京にて実際にライブを敢行し、得意の80年代の名曲カバーをスーツ姿で披露するというのだから、少々手が込んでいる。

 なお、5月27日からはiTunes、レコチョク、他配信サイトにて先行配信もスタートする「落蕾~ラクライ~」は、前述通り6月1日よりTBS系『ひるおび!』6月度エンディングテーマとしてオンエアが開始される。

関連記事リンク(外部サイト)

鳥羽一郎の息子・木村竜蔵 ウェブマガジン開設&TBS系『ひるおび!』エンディングテーマ決定
鳥羽一郎の息子・木村竜蔵 堂島孝平/奥野真哉/木暮晋也/AZUMA HITOMI招聘した“80’sサウンド”アルバム発売決定
木村竜蔵 AZUMA HITOMI起用の世界遺産イメージソング「紡ぐ」CD化

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP