ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

こんにゃくの5つの嬉しい作用 「骨粗しょう症予防」など

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大和時代、インドシナから中国を経由し、日本へとやってきたこんにゃく。煮物やおでんなどに欠かせない具材で、今や日本人のソウルフードともいうべき存在だ。

 そんなこんにゃくにはうれしい作用が5つある。

【1】おなかスッキリ!

 こんにゃくは食物繊維が豊富で、100g中の含有量で比較すると、なんとレタスの約2.5倍にも。健康と美容の大敵である便秘の解消にもってこいの食材だ。しかもこんにゃくの繊維は、その生理効果が水溶性と不溶性の両方にまたがっているのが特長。けいれん性便秘と弛緩性便秘の両方に有効といえる。

 ニューヨークのウエストビレッジにある『The Tokyo Tapas Cafe』では、こんにゃく料理を提供している。人気メニューは、パンと具にこんにゃく粉を使った「ワサビ照り焼きこんにゃくバーガー」や、手作りの「こんにゃく刺身」など。中には魚だと思っている人もいるらしい。

【2】コレステロールを抑制!

 こんにゃくの主成分である「グルコマンナン」(別名コンニャクマンナン)には、小腸からのコレステロール吸収を抑え、血液中の中性脂肪やコレステロール値を正常に保つ働きがある。動脈硬化が気になる人には特におすすめだ。

【3】糖の吸収を抑制!

 グルコマンナンには、コレステロールだけでなく糖の吸収を抑制する働きもある。この働きには、血糖値の急激な上昇を防いだり、インスリン濃度を低く抑える効果があるため、糖尿病予防になるといわれている。

【4】ストレスを軽減&骨粗しょう症を予防!

 こんにゃくの製造過程で、水酸化カルシウムが加えられる。「こんにゃくに含まれるカルシウムは、酸に溶けやすく体内に吸収されやすいのが特長です」と、日本こんにゃく協会参与の大林達也さん。こんにゃくを食べれば、ストレス軽減や骨粗しょう症予防などに欠かせないカルシウムを、効率よく摂取できるのだ。

【5】肥満を防止!

 柔らかすぎず硬すぎず、弾力性があり、特有の食感を持つこんにゃくは、ゆっくりと食べるのに好都合だ。低カロリーなのに食べ応えがあって満足感を得ることができ、肥満防止に最適な食べ物といえる。

 近年のこんにゃくの多くは、流通等の事情により、コンニャクイモを粉状にしてからつくられている。一方、粉状にせず、生のコンニャクイモからつくる「生芋こんにゃく」もあり、こちらはセラミドを多く含む。

「生芋こんにゃくは、肌の細胞間を埋める主成分で皮膚の保湿&バリア機能を持つ『セラミド』を多く含みます。しかも、このセラミドは、体内で『こんにゃくスフィンゴイド』という物質に変化し、真皮のコラーゲン量を増やすことがわかっています」(前出・大林さん)

※女性セブン2015年6月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
海外こんにゃく人気 NYではモデルやミュージシャンも楽しむ
仙谷氏「こんにゃくゼリーの形と硬さ」を政治主導で決定へ
仙谷氏のこんにゃくゼリーの形と硬さ決定に若手議員舌打ち

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP