ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャック・ホワイトがジェイ・ZのTIDALを擁護、「映画も無料にする気?」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 何かと話題のジェイ・Zの高音質音楽配信サービス“TIDAL”に関する質問に対し、ジャック・ホワイトが自身のレーベル、サードマン・レコードのサイトで回答している。

 音楽を大切にすること、アーティストたちが自身の作品で生計を立てられるようにすることを、Q&Aを通じて強調しているホワイト。TIDALが利害関係にある大物アーティストたちを公表して以来、同社を悩ませている批判に触れ、「まずアーティストが所有するストリーミング・サービスというのが最初にあるだけで、金持ちがもっと金持ちになろうとするものではない。苦労しなくて済むポジションにいる影響力を持たないアーティストに可能性を与えるには、人々の注目を集められるアーティストが必要なんだ。俺を信じてくれ。サードマン・レコードには、メインストリームでは聞いたこともない、発言力も権力もないようなアーティストが大勢いるんだ」と論じている。

 TIDALが“エリート主義”だと言われていることについては、「エリート主義者ってどんなんだ? 誰が弱いやつの代弁をするのさ?」と反論している。

 また、ホワイトはそのアーティストが既に裕福だったとしても、音楽にお金を払うのがなぜ重要なのかを述べている。「映画も無料にすべきかい? 食べ物は?」と尋ねてから、映画業界を引き合いに出し、「スティーヴン・スピルバーグに対して、あなたの映画を観るのにもうお金を払う必要はないって言うの? 僕たちから十分儲けたからねって? 彼は新作を無料で見せなくちゃいけないのかい?」と話している。

 最後に、将来的にはサードマン・レコードの全カタログをTIDALに載せたいと話すホワイト。現在はサードマンのPlatinum Vault購入者に対し、TIDAL上で割り引きサービスを提供している。

関連記事リンク(外部サイト)

リトル・ミックス、新曲「ブラック・マジック」を配信スタート Youtubeで音源も公開
アヴィーチー、待望の来日公演が決定&最新SG「ウェイティング・フォー・ラヴ」リリックビデオ公開
ビリー・ジョエル、名誉音楽博士号を授かり卒業生へ助言

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP