ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロバート・デ・ニーロが卒業生に贈った祝辞が名言だらけでカッコよすぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカの名門ニューヨーク大学Tisch School Of Artsの卒業式が22日に行われ、名優ロバート・デ・ニーロが登壇。大学を巣立つ未来の俳優の卵たちに祝辞を贈ったのだが、その内容がカッコよすぎると話題を呼んでいる。

https://youtu.be/lN4v_JK_qbY

メガネをかけたデ・ニーロは、檀上に登ると、「おっとスピーチを書いた紙はどこだっけ?」と慌てたようにポケットから紙を出し、それで鼻をかむという小ボケを挟んで、場の空気をすっかり自分のものに。

終始ジョークを交えた笑いの絶えないスピーチは、偉大な俳優の人生経験を踏まえたものとあり名言だらけだった。

「君たちは自分の才能に気づき、野心を磨き、情熱を認めた。一度それに気づいてしまったら、もう戻れない。自分に与えられた才能と生きるしかないんだ」。
「芸術に関していえば、情熱は常に常識をしのぐ。今君たちは単に夢を追っているだけじゃない、運命をつかもうとしているんだ。君たちは芸術家だ。その時点で人生終わりだよ(笑)。良い知らせは、芸術っていうのは人生をスタートさせるにはそんなに悪い場所じゃないということかな」。
「オーディションに落ちたり、他人から認めてもらえず傷つくこともあるだろう。でもやめるという選択肢はないんだ」。
「卒業後も大学で得た友を忘れてはいけないよ。友情を続けなさい。このクラスで得た友は、将来計り知れない財産となるのだから」。

71歳の御大デ・ニーロが門出の言葉を追えると、卒業生たちからは感謝のきもちを込めた歓声と拍手が鳴りやまなかったそうだ。

関連記事リンク(外部サイト)

ありがとうドルトムント・クロップ監督!サポーターの感謝メッセージが泣ける【動画】
【中川淳一郎コラム】アッパレ!ビール会社勤務社畜のスーパー極意7か条
イチローが所属するマーリンズのド素人監督の執念がスゴすぎる「金と権力で頂点に立つ」
日本ハム・大谷翔平が語る、二刀流への本音と譲れないこだわり【動画】
広島カープ・黒田のテーマ曲、B’zの『RED』は広島のチームカラー「赤」の意味だけではなかった

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP