体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

時間をかけてサプライズを仕掛けたのに、彼女がとんでもないミスを・・・

150516_promposal

10代の若いカップル、ダニエルさんとアレックスさん。これから、2人でドライブデートに出かける模様です。なんだか、彼氏がソワソワしている様子…。実は、彼女にあるサプライズを仕掛けていたのです。
道路にある看板を指差し、彼女に
「What’s that sign say? (何て書いてあったの?)」と聞きます。

promposal-1

そこには、複数の看板に言葉が書かれている様子。それを必死に読もうとする彼女。
全てを繋げると「Alex. Will. You. Marry. LOL Jk. Go To. Prom. With Me.(アレックス、結婚してくれますか?冗談!一緒にダンスパーティーに行ってくれる?)」という文章になりました。

promposal-6

その文章を見た彼女。彼氏からのサプライズに喜ぶかとおもいきや、誰にあてた言葉か気づいてない様子で、つい「That’s s****y way to ask someone to prom.(すごい最悪な誘い方だね!笑)」と。

promposal-7

それを聞いた彼氏は、顔の表情が一変。想像していた言葉とは、正反対の言葉が返ってきたのか、彼氏は非常に悲しそう。

promposal-4

そんな彼氏の変化に気づいた彼女。
「Was that you ?(もしかして、さっきのメッセージはあなたの?)」と聞きます。

promposal-5

それに対し彼氏は「Yes(そうだよ)」と答えます。
すると今度は彼女の表情が一変!自分が、つい口走った言葉に対し、あまりに申し訳ないと、泣き始めてしまいました。
「I’m really sorry that I said that. (あんなこと言って本当にごめんなさい。)」

promposal-8
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。