ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

聖地蒲田の羽根つき餃子 生みの親が明かすおいしく作るコツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京・蒲田は、多くの餃子専門店がひしめく。蒲田の餃子といえば、パリッと香ばしい羽根つき餃子が有名だ。その元祖を訪ねた。

「中国にいたころ、大連で食べたパリパリの焼き肉まんがおいしかったの。それを思い出して餃子に羽根を付けました。たくさん焼いて試した結果、羽根は水20に対して小麦粉1。この比率が薄くパリッと焼けるんです」

 こう話す『■好(■=にんべんに「尓」 ニーハオ)』の店主・八木功さん(81才)こそ、羽根つき餃子の生みの親だった。

 厨房では八木さん秘伝のレシピを元に、中国人の料理人たちが黙々と餃子を包んでいる。その数、なんと1日に5000~8000個!

「粗挽き肉に豚骨と鶏がらスープを混ぜ、一晩寝かせてスープをたっぷり染み込ませる。これがうちのおいしさの秘密。味がしっかりついているので、まずはそのまま食べてみて」(八木さん)

 黄金色の繊細な羽根が舌の上でパリッと崩れ、噛み締めるともちもちの皮の中から、肉のエキスがジュワ~ッ。にんにくが入っていないので、あっさりして何個でも食べられそう…。

 八木さんが成功した『ニーハオ』を追うように、弟妹たちも餃子店を開店した。弟の店が『金春(コンパル)』、妹の店が『歓迎(ホアンヨン)』で、この3店舗が蒲田の餃子御三家と呼ばれる。同じ羽根つきでも、その薄さや食感、あんの味が全然違う。餃子の街、蒲田で御三家の味を食べ比べるのがおすすめだ。

【店舗データ】
■ニーハオ 別館(本館は休業中)
【住所】東京都大田区蒲田4-25-7ハネサムビルB1F

※女性セブン2015年6月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
円盤型から四川風まで 進化する餃子の名店の珠玉の逸品紹介
矢口真里 夫の「餃子食べたい」に張り切って作るとおのろけ
小森純 餃子の王将・下北沢店の餃子を「ホッとする味」と絶賛

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP