ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

推理作家協会賞受賞の3人 壇上で三者三様の出で立ち見せる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 壇上での出で立ちは三者三様なれど、謙虚に己と向き合い、作品に情熱を注いできた姿勢は同じだった。

 今年で68回を数える「日本推理作家協会賞」の贈呈式が5月20日、新橋の第一ホテル東京で行なわれた。

 今年は「長編および連作短編集部門」で月村了衛氏(写真右)の『土漠の花』と早見和真氏(同中央)の『イノセント・デイズ』が、「評論その他の部門」で喜国雅彦氏(同左)の『本棚探偵最後の挨拶』と霜月蒼氏(この日は欠席)の『アガサ・クリスティー完全攻略』が受賞。4人は歴史に燦然と名を残す作家たちの仲間入りを果たした。

「推理作家協会賞」はプロの作家が運営する文学賞で、下読みから選考まですべてを作家が担当。すなわち、受賞作は一流作家が太鼓判を押すほど面白いのである。どんな作品か、ぜひお確かめください。

撮影■渡辺利博

※週刊ポスト2015年6月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
推理作家・北村薫が芥川龍之介、バルザックらの名作紹介の書
「ママの憧れ」 永作博美がベストマザー賞授賞式で見せた笑顔
人間的な、あまりに人間的な文学賞を巡る嫉妬の騒動史描く本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP