ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

築地の競りで高値をつけるホンマグロ 水族館の仕入れ値は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 マグロの回遊やイワシ魚群の「トルネード」など、水族館では食卓に並ぶお馴染みの魚も観賞できる。食用と展示用に価格差はあるのだろうか。動物輸入卸商の白輪剛史氏が解説する。

「イワシの場合、1万~1万2000匹入る10トンの水槽トラックで仕入れて180万~240万円ほど。1匹の値段に換算すると200円弱なので、スーパーで買う価格とそう変わらない。築地の競りでは数百万円することもあるホンマグロ(クロマグロ)は、小さい個体なら1匹8万円程度で取り引きされているようです」

 通常、水族館は魚類商から魚を仕入れるが、方法は他にもある。

「『マダコを1匹欲しい』『ナマコを1匹欲しい』という際は鮮魚店から仕入れるほうが専門の卸商を通すよりも安くて簡単なことも少なくない。特殊な魚だと、水族館の職員が自ら漁に出て捕まえることもあります」(同前)

※週刊ポスト2015年6月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
寿司チェーン マグロ1貫1グラム減らし1日100万円利益
動物園の動物の仕入れ値 ゴリラは8000万円でコアラは無料
鳥羽水族館の水中入社式 観客や魚に祝福されながら辞令受取

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP